薬理 (実践)



問246-247 
32歳女性。
喫煙歴5年、禁煙を試みたいと薬局を訪れた。

現在、不眠症
ゾピクロン錠を不眠時に服用している。
禁煙のためにニコチンガム、ニコチンパッチ
バレニクリン酒石酸塩錠の
いずれかを使用するか悩んでいるとのことだった。


問246 (実務)
薬剤師が来局者に説明する内容として
適切でないのはどれか。
2つ選べ。


1 二コチンパッチは
高用量から開始し、段階的に減らします。

2 ニコチンパッチは
妊婦にも使用できます。

3 ニコチンガムは
コーヒーや炭酸飲料を飲んだあとは
吸収がよくなります。

4 ニコチンガムは
むかつきやのどへの刺激が
起こることがあります。

バレニクリン酒石酸塩錠は
喫煙に代わってニコチンを補充する薬剤
ではありません。





問247 (薬理)
この患者に関連する
薬物依存・耐性の記述のうち
正しいのはどれか。
2つ選べ


1 ゾピクロンとニコチンは
いずれも精神的依存を起こすが
身体的依存は生じない。

2 ゾピクロンとニコチンは
いずれも耐性を生じない。

3 ニコチンは
中脳辺縁ドパミン神経系を活性化する。

バレニクリン
ニコチン性アセチルコリン受容体の
部分刺激薬であり

ニコチン依存症の喫煙者の
禁煙による退薬症候を軽減する。





問248-249

17 歳男性。
高等学校での授業中に
黒板の文字が見えにくくなり眼科を受診した。
仮性近視であると診断され
以下の薬剤が処方された。

お薬手帳を確認したところ
整形外科で湿布薬を
処方されていることがわかった。

(処方) 
トロピカミド点眼液 0.4 % 5mL 1本
1回1滴 1日1回就寝前 両眼点眼


問248(実務) 
この点眼剤に関する記述のうち
適切でないのはどれか。
2つ選べ。


1 緑内障の患者には
禁忌である。

2 点限後、しばらくは
強い光を直接見ないように注意する。

3 湿布薬の揮発性成分の影響があるので
開封した湿布薬と一緒に保管しない。

4 容器に記載されている使用期限は
開封後の品質を保証するものである。

5 指示通りに使用すると
約 1 週間で無くなる量である。





問249 (薬理)
トロピカミドによる
仮性近視改善に関わる機序はどれか。
1つ選べ。

1 ムスカリン性
アセチルコリン受容体の刺激により
毛様体筋が収縮し
水晶体の厚さが増して
屈折率が上昇する。


2 ムスカリン性
アセチルコリン受容体の刺激により
毛様体筋が弛緩し
水晶体は扁平化して
屈折率が減少する。


3 ムスカリン性
アセチルコリン受容体の遮断により
毛様体筋が収縮し
水晶体の厚さが増して
屈折率が上昇する。


4 ムスカリン性
アセチルコリン受容体の遮断により
毛様体筋が弛緩し
水晶体は扁平化して
屈折率が減少する。


5 コリンエステラーゼの活性化により
毛様体筋が収縮し
水晶体の厚さが増して
屈折率が上昇する。


6 コリンエステラーゼの活性化により
毛様体筋が弛緩し
水晶体は扁平化して
折率が減少する。





問250-251 
66歳男性。
パーキンソン病と診断され
以下の薬剤で治療してきたが
最近、薬の効果持続時間が短縮してきた。


(処方)
レボドパ100mg  ・ カルビドパ配合錠
1 回 1 錠( 1日3錠 )

トリヘキシフェニジル塩酸塩錠 2mg
1 回 1 錠( 1日3錠)

1 日 3 回  朝昼夕食後   30日分


問250(実務)
この患者の薬物治療の対応策として
ふさわしくないのはどれか。
1つ選べ。

1 レボドパ 100mg・カルビドパ配合錠を増量する。

2 プラミペキソール塩酸塩水和物徐放錠を追加する。

3 エンタカポン錠を追加する。

4 セレギリン塩酸塩錠を追加する。

5 チアプリド塩酸塩錠を追加する。





問251
処方薬および前問中の藥物に
関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 カルビドパは
末梢性芳香族 
L - アミノ酸デカルボキシラーゼ阻害薬で
レボドパが末梢でドパミンに変換されるのを
抑制する。

2 プラミペキソールは
ドパミン神経からのドパミン遊離を促進する。

3 エンタカポンは
ドパミン D2 受容体を刺激する。

4 セレギリンは
モノアミン酸化酵素 B を阻害することにより
ドパミンの代謝を阻害する。

5 チアプリドは
カテコール - O - メチルトランスフェラーゼを
阻害する。





問252-253 
28歳女性。
統合失調症と診断され
今回、初めて以下の薬剤が処方された。

(処方1)
リスペリドン口腔内崩壊錠 1mg
1 回 1 錠 (1日2錠)
1 日 2 回  朝夕食後   14 日分

(処方2)
ブロチゾラム口腔内崩壊錠 0.25 mg  
1 回 1 錠 (1日1錠)
1 日 1 回  就寝前   14日分


問252 (薬理)
処方された薬物に関する記述として
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 γーアミノ酪酸 GABAA 受容体の働きを高め
睡眠を誘発する。

2 ドパミン D2 受容体を刺激し
運動機能の低下をもたらすことがある。

3 セロトニン 5-HT2 受容体を遮断し
統合失調症の陰性症状を改善する。

4 モノアミン酸化酵素 B を阻害し
下垂体からのプロラクチン遊離を促進する。

5 セロトニン 5-HT1A 受容体を遮断して
抗不安作用を示す。





問253 (実務)
この患者への服薬指導および
処方薬に関する説明の内容として
適切でないのはどれか。1つ選べ。

1 月経不順となることがあります。

2 口渇が現れることがあります。

3 服用中は
自動車の運転など危険を伴う作業を
しないようにしてください。

4 リスペリドン口腔内崩壊錠は
通常、徐々に減量する薬剤です。

 5 ブロチゾラム口腔内崩壊錠は
服用後に
一時的な記憶の抜け落ちを
起こすことのある薬剤です。





問254-255 
64歳男性。
不安定狭心疾のため
PCI (経皮的冠動脈インターペンション)を受けた。

その後の治療薬として
新たに以下の薬剤が処方された。

(処方1)
アスピリン腸溶錠 100 mg 
1回1錠 (1日1錠)
1日1回  朝食後   14回分

(処方2)
チクロピジン塩酸塩錠 100 mg  
1回1錠(1回2錠)
1日2回  朝夕食後   14日分

(処方3)
ロスパスタチンカルシウム錠 2.5 mg 
1回1錠(1日1錠)
1日1回  朝食後   14日分



問254(薬理)
処方された薬剤に関する記述のうち
正しいのはどれか。.2つ選べ。

1 処方された用量のアスピリンは
血管内皮細胞の
プロスタグランジン I2 生成よりも

血小板の
トロンボキサン A2 生成を
より強く阻害する。

2 アスピリンは
ロスパスタチンによる筋肉痛を
緩和する目的で処方されている。

3 チクロピジンの活性代謝物が遮断する
ADP の P2Y12 受容体は
Gq タンパク質共役型受容体である。

4 チクロピジンの副作用として
血栓性血小板減少性紫斑病
無顆粒球症及び
篤な肝障害がある。

5 ロスバスタチンは
3-ヒドロキシ - 3 - メチル
グルタリル - CoA (HMG - CoA)
生合成を阻害し
血清中の低比重リボタンパク質(LDL)量を
減少させる。





問255 (実務)
この患者への説明および指導の内容として
適切なのはどれか。
2つ選べ。


1 アスピリン腸容錠は
術後の経過が良ければ
一週間程度で中止します。

2 チクロピジン塩酸塩錠には
狭くなった血管を拡げる作用があります。

3 定期的に
血液検査を必要とする薬剤が
処方されていますので
2週間後に受診してください。

4 筋肉痛や脱力感が起こることがありますが
一時的なものなので心配ありません。

5 出血しやすくなるので
歯肉や鼻などからの出血があれば
受診してください。





問256~257 
55歳女性。
気管支ぜん息のため
吸入ステロイド薬を用いて治療中である。
高血圧症となったため
降圧薬も用いることとなった。


256 (実務)
この患者に対して
禁忌である薬剤はどれか。
1つ選べ。

1 シルニジピン錠
2 イミダプリル塩酸塩錠
3 テルミサルタン錠
4 クロニジン塩酸塩錠
5 カルテオロール塩酸塩徐放性カプセル





問257 (薬理)
前問の薬剤のうち
血管平滑筋細胞に直接作用して
血管を拡張させるのはどれか。
2つ選べ。

1 シルニジピン錠
2 イミダプリル塩酸塩錠
3 テルミサルタン錠
4 クロニジン塩酸塩錠
5 カルテオロール塩酸塩徐放性カプセル





問258-259
55歳男性。
下記の処方せんを持って来局した。

患者は半年前に
へリコパクター・ピロリ菌が陽性と診断され
かかりつけ医にて一次除菌を行ったが
不成功であった。
今回、二次除菌療法を行うことになった。


(処方)
ラベプラゾールNa錠 10 mg 
1回1錠(1日2錠)

アモキシシリンカプセル 250mg 
1回3カプセル(1日6カプセル)

薬剤 Ⅰ 1回1錠(1日2錠)
1日2回  朝夕食後   7日分


問258 (実務)
二次除菌療法で使用される 薬剤Ⅰ として
適切なのはどれか。
1つ選べ。

1 クラリスロマイシン錠 200 mg

2 アジスロマイシン錠 250 mg

3 メトロニダゾール錠 250 mg

4 メベンダゾール錠 100 mg

5 アルベンダゾール錠 200 mg


問259 (薬理)
薬剤Ⅰ の作用機序として正しいのはどれか。
1つ選べ。

1 ヒスタミン H2 受容体を遮断する。

2 DNA の二本鎖を切断する。

3 リボソームの 50S サブユニットと結合し
タンパク質合成を阻害する。

4 H+,K+-ATPase を非可逆的に陸害する。

5 ウレアーゼを阻害する。





問260-261
68歳男性。
骨転移のある前立腺がんと診断され
以下の薬剤が処方された。

(処方1)
ゴセレリン酢酸塩デポ 3.6 mg
1回 3.6 mg  4 週ごとに 1 回 前腹部に皮下注射

(処方2)
ゾレドロン酸水和物注射液 4 mg
1 回 4mg  4 週ごとに 1 回 点滴静注

(処方3)
ピカルタミド口腔内崩壊錠 80mg 
1回1錠  朝食後   14 日分

(処方4)
ジクロフェナク Na 坐剤 25 mg 
1回1個 痛い時 28 回分



問260(薬理)
以下の記述のうち、いずれの処方薬にも
該当しないのはどれか。
1つ選べ。

1 シクロオキシゲナーゼを阻害し
プロスタグランジンの生成を抑制する。

2 アンドロゲン受容体を遮断し
前立腺がん細胞の増殖を抑制する。

3 黄体形成ホルモン放出ホルモン
(LH-RH)受容体を競合的に遮断し
ゴナドトロピンの分泌を抑制する。

4 下垂体の機能を抑制し
精巣からのテストステロン分泌を抑制する。

5 骨吸収を抑制し
高カルシウム血症を改善する。


問261 (実務
この患者への服薬に関する説明および
指導の内容として、適切なのはどれか。
2つ選べ。

1 処方 1 の薬剤を使い始めたころに
一時的に尿の出が悪くなることがあります。

2 処方 2 の薬剤使用中は
出血が止まりにくくなるので
抜歯などは控えてください。

3 処方 3 の薬剤は
痛みをやわらげたり
骨折を予防するのに有効です。

4 処方 4 の薬剤は
挿入による刺激で便意が起こることがあるので
できるだけ排便後に使用してください。





問262-263
66歳男性。
最近、腰痛が原因で、寝付きも良くないため
整形外科を受診した。
骨粗しょう症と診断され
処方せんを持って薬局を訪れた。

(処方1)

ラロキシフェン塩酸塩錠 60mg
1回1錠 (1日1錠)

アルファカルシドールカプセル 0.5mμg
1回1カプセル(1日1カプセル
1日1回 朝食後 14日分


(処方2)
L-アスパラギン酸カルシウム錠 200mg
1回2錠 (1日6錠)

メナテトレノンカプセル 15mg
1回1カプセル(1日3カプセル)
1日3回 毎食後 14日分


(処方3)
セレコキシブ 100mg
1回1錠(1日2錠)
1日2回 朝夕食後 14日分



問262(薬理)
処方された薬剤の作用機序として
正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 アンドロゲン受容体に結合し
タンパク質同化を促進する。

2 オステオカルシンのカルボキシ化を介し
骨形成を促進する。

3 カルシウムとリンの腸管からの吸収を促進する。

4 カルシトニン受容体に結合し
骨吸収を抑制する。

5 ヒドロキシアパタイトに結合し
骨吸収を抑制する。


問263(実務)
薬剤師はこの処方に関して
医師へ疑義照会を行った。

疑義が生じた薬剤として
最も可能性が高いのはどれか。
1つ選べ。

1 ラロキシフェン塩酸塩錠
2 アルファカルシドールカプセル
3 L - アスパラギン酸カルシウム錠
4 メナテトレノンカプセル
5 セレコキシブ錠





264-265 
65歳男性。
糖尿病性腎症により入院した。
血糖コントロールのためのインスリン製剤のほか
以下の薬剤が処方された。

(処方1)
球形吸着炭細粒分包 2g  
1回1包 (1日3包)
1日3回 朝昼夕食後2時間 7日分

(処方2)
ロサルタンK錠 50 mg 
1回1錠(1日1錠)
1日1回 朝食後 7日分

(処方3)
フェロジピン錠 2.5 mg 
1回1錠(1日2錠)
1日2回 朝夕食後 7日分

(処方4)
ダルベポエチンアルファ
(遺伝子組換え)注射液 20 μg  
1 回 20 μg 静脈内投与


問264(実務)
この患者への服薬説明および指導の内容として
適切なのはどれか。
2つ選べ。

1 処方1の薬剤は
小腸で吸収されて
血液中の有害物質を吸着して排泄させます。

2 処方2および3の薬剤は
いずれも血圧を下げます。

3 処方2の薬剤で
血清カリウム値が低くなることがあります。

4 グレープフルーツジュースは
処方 3 の薬剤の作用を増強する恐れがあります。

5 処方4の薬剤は
毎日注射しないと効果が得られません。





問265 (薬理)

ダルベポエチンアルファの
薬理作用および副作用に関する記述のうち
正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 単球および単球系前駆細胞に作用して
増殖を促進する。

2 エリスロポエチン(EPO)の
EPO 受容体に対する親和性を高める。

3 エポエチンアルファと比較して
持続的な赤血球造血作用を示す。

4 血圧低下を起こしやすい。

5 血液粘稠度が上昇し
血栓塞栓症を誘発するおそれがある。