問100-247 解説





問246-247 
32歳女性。
喫煙歴5年、禁煙を試みたいと薬局を訪れた。

現在、不眠症
ゾピクロン錠を不眠時に服用している。
禁煙のためにニコチンガム、ニコチンパッチ
バレニクリン酒石酸塩錠の
いずれかを使用するか悩んでいるとのことだった。


問247 (薬理)
この患者に関連する
薬物依存・耐性の記述のうち
正しいのはどれか。
2つ選べ


1 ゾピクロンとニコチンは
いずれも精神的依存を起こすが
身体的依存は生じない。

2 ゾピクロンとニコチンは
いずれも耐性を生じない。

3 ニコチンは
中脳辺縁ドパミン神経系を活性化する。

バレニクリン
ニコチン性アセチルコリン受容体の
部分刺激薬であり

ニコチン依存症の喫煙者の
禁煙による退薬症候を軽減する。



選択肢 1 ですが
ゾピクロンとニコチン共に
身体的依存を生じます。

(ゾピクロンは
依存症・耐性がおきにくいように
改良された薬ですが
不適切な量や期間における使用下において
依存を生じない、とはいえません。)


よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 ですが
ゾピクロンとニコチン共に
耐性を生じます。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3,4 は、正しい選択肢です。



以上より、正解は 3,4 です。