問100-248 解説




問248-249

17 歳男性。
高等学校での授業中に
黒板の文字が見えにくくなり眼科を受診した。
仮性近視であると診断され
以下の薬剤が処方された。

お薬手帳を確認したところ
整形外科で湿布薬を
処方されていることがわかった。

(処方) 
トロピカミド点眼液 0.4 % 5mL 1本
1回1滴 1日1回就寝前 両眼点眼



問248(実務) 
この点眼剤に関する記述のうち
適切でないのはどれか。
2つ選べ。


1 緑内障の患者には
禁忌である。

2 点限後、しばらくは
強い光を直接見ないように注意する。

3 湿布薬の揮発性成分の影響があるので
開封した湿布薬と一緒に保管しない。

4 容器に記載されている使用期限は
開封後の品質を保証するものである。

5 指示通りに使用すると
約 1 週間で無くなる量である。




選択肢 1 は、適切な選択肢です。

トロピカミドは、抗コリン薬の一種です。
そして
緑内障の患者には、抗コリン薬が禁忌です。



選択肢 2 は、適切な選択肢です。

トロピカミドは、散瞳薬です。
瞳が開き、普段よりまぶしく見えます。
そのため
強い光を直接見ないように注意するよう
指導します。


選択肢 3 は、適切な選択肢です。

揮発成分が目薬に浸透し
刺激を感じることがある
といった理由です。



選択肢 4 ですが
開封後ではなく
開封前の品質を保証するものです。
開封後は、なるべくすみやかに使用します。


よって、選択肢 4 は
適切な選択肢ではありません。



選択肢 5 ですが
約 20 滴で、1mL です。 

1日 1回 1滴 ですので 
1日量が、約 0.05 mL です。

よって、約 100 日で無くなる量です。
約1週間では、ありません。


よって、選択肢 5 は
適切な選択肢ではありません。



以上より、正解は 4,5 です。