問100-250 解説





問250-251 
66歳男性。
パーキンソン病と診断され
以下の薬剤で治療してきたが
最近、薬の効果持続時間が短縮してきた。


(処方)
レボドパ100mg  ・ カルビドパ配合錠
1 回 1 錠( 1日3錠 )

トリヘキシフェニジル塩酸塩錠 2mg
1 回 1 錠( 1日3錠)

1 日 3 回  朝昼夕食後   30日分


問250(実務)
この患者の薬物治療の対応策として
ふさわしくないのはどれか。
1つ選べ。

1 レボドパ 100mg・カルビドパ配合錠を増量する。

2 プラミペキソール塩酸塩水和物徐放錠を追加する。

3 エンタカポン錠を追加する。

4 セレギリン塩酸塩錠を追加する。

5 チアプリド塩酸塩錠を追加する。



選択肢 1 ~ 4 は、ふさわしい対応策です。

パーキンソン病は
ドパミン作動性神経の変性により
ドパミン系とアセチルコリン系の
バランスの崩れにより症状が表れます。

レボドパ・カルビドパ配合錠は
ドパミンを補充することにより
バランスを整えます。


プラミペキソールは
ドパミン作動薬です。
ドパミン側からバランスを整えます。


エンタカポンは
COMT 阻害薬です。
セレギリンは
MAO-B 阻害薬です。

共にドパミン代謝を抑制することで
間接的にドパミン側からバランスを整えます。



選択肢 5 ですが
チアプリドは
ドパミン拮抗薬です。
パーキンソン病の薬物治療としては
不適切であると考えられます。



以上より、正解は 5 です。