問100-252 解説





問252-253 
28歳女性。
統合失調症と診断され
今回、初めて以下の薬剤が処方された。

(処方1)
リスペリドン口腔内崩壊錠 1mg
1 回 1 錠 (1日2錠)
1 日 2 回  朝夕食後   14 日分

(処方2)
ブロチゾラム口腔内崩壊錠 0.25 mg  
1 回 1 錠 (1日1錠)
1 日 1 回  就寝前   14日分



問252 (薬理)
処方された薬物に関する記述として
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 γーアミノ酪酸 GABAA 受容体の働きを高め
睡眠を誘発する。

2 ドパミン D2 受容体を刺激し
運動機能の低下をもたらすことがある。

3 セロトニン 5-HT2 受容体を遮断し
統合失調症の陰性症状を改善する。

4 モノアミン酸化酵素 B (MAO-B)を阻害し
下垂体からのプロラクチン遊離を促進する。

5 セロトニン 5-HT1A 受容体を遮断して
抗不安作用を示す。



選択肢 1 は、正しい選択肢です。
ブロチゾラムに関する記述です。



選択肢 2 ですが
処方された薬物に
ドパミン刺激薬はありません。

ちなみにですが
運動機能の低下は、ドパミン拮抗薬の
副作用であると考えられます。

ドパミン刺激薬の代表的な副作用は
嘔吐・悪心です。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 は、正しい選択肢です。
リスペリドンに関する記述です。



選択肢 4 ですが
処方された薬物に
MAO-B 阻害薬はありません。

ちなみにですが
MAO-Bの阻害は、ドパミンを間接的に増加させます。
その結果、プロラクチン分泌は抑制されます。
遊離が促進では、ありません。


選択肢 5 ですが
処方された薬物に
セロトニン拮抗薬はありません。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1,3 です。