問100-254 解説





問254-255 
64歳男性。
不安定狭心疾のため
PCI 
(経皮的冠動脈インターペンション)を受けた。

その後の治療薬として
新たに以下の薬剤が処方された。

(処方1)
アスピリン腸溶錠 100 mg 
1回1錠 (1日1錠)
1日1回  朝食後   14回分

(処方2)
チクロピジン塩酸塩錠 100 mg  
1回1錠(1回2錠)
1日2回  朝夕食後   14日分

(処方3)
ロスパスタチンカルシウム錠 2.5 mg 
1回1錠(1日1錠)
1日1回  朝食後   14日分



問254(薬理)
処方された薬剤に関する記述のうち
正しいのはどれか。.2つ選べ。

1 処方された用量のアスピリンは
血管内皮細胞の
プロスタグランジン I2 生成よりも

血小板の
トロンボキサン A2 生成を
より強く阻害する。

2 アスピリンは
ロスパスタチンによる筋肉痛を
緩和する目的で処方されている。

3 チクロピジンの活性代謝物が遮断する
ADP の P2Y12 受容体は
Gq タンパク質共役型受容体である。

4 チクロピジンの副作用として
血栓性血小板減少性紫斑病
無顆粒球症及び
篤な肝障害がある。

5 ロスバスタチンは
3-ヒドロキシ - 3 - メチル
グルタリル - CoA (HMG - CoA)
生合成を阻害し
血清中の低比重リボタンパク質(LDL)量を
減少させる。




選択肢 1 は、正しい選択肢です。



選択肢 2 ですが
低用量アスピリンは
抗血栓作用を期待して用いられます。

(ちなみに
痛み止めとしては、通常成人は 
1回 0.5 ~ 1.5g  1日 1.5 ~ 4.5g で 
使用されます。)


よって、選択肢 2 は誤りです。


補足
スタチン系を服用した時の筋肉痛は
横紋筋融解症の初期症状が疑われるため
痛み止めで止めるものではない と考えて
選択肢が誤りと判断してもよい、と思います。



選択肢 3 ですが
P2Y12受容体は、Gi タンパク質共役型です。
Gqでは、ありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。




選択肢 4 は、正しい選択肢です。



選択肢 5 ですが
ロスバスタチンは
HMG-CoA 還元酵素阻害薬です。

すなわち
HMG-CoA を、メバロン酸に変換する酵素を
阻害する薬です。

従って、HMG-CoAの生合成を阻害する
わけでは、ありません。



よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1,4 です。