問100-256 解説





問256~257 
55歳女性。
気管支ぜん息のため
吸入ステロイド薬を用いて治療中である。
高血圧症となったため
降圧薬も用いることとなった。


256 (実務)
この患者に対して
禁忌である薬剤はどれか。
1つ選べ。

1 シルニジピン錠
2 イミダプリル塩酸塩錠
3 テルミサルタン錠
4 クロニジン塩酸塩錠
5 カルテオロール塩酸塩徐放性カプセル



選択肢 5 ですが
カルテオロールは、β遮断薬です。
ぜん息患者には、禁忌です。


よって、正解は 5 です。



ちなみに
シルニジピン(アテレック®)は、Ca拮抗薬です。
イミダプリル(タナトリル®)は、ACE 阻害薬です。
テルミサルタン(ミカルディス®)は、AT受容体拮抗薬です。
クロニジン(カタプレス®)は、α2 受容体刺激薬です。

どれも降圧薬として用いられる薬です。