問100-257 解説





問256~257 
55歳女性。
気管支ぜん息のため
吸入ステロイド薬を用いて治療中である。
高血圧症となったため
降圧薬も用いることとなった。



問257 (薬理)
前問の薬剤のうち
血管平滑筋細胞に直接作用して
血管を拡張させるのはどれか。
2つ選べ。

1 シルニジピン錠
2 イミダプリル塩酸塩錠
3 テルミサルタン錠
4 クロニジン塩酸塩錠
5 カルテオロール塩酸塩徐放性カプセル



選択肢 1 は、正しい選択肢です。
シルニジピンは、Ca 拮抗薬です。

血管平滑筋細胞の
膜電位依存性 Ca チャネルに結合して
作用し、平滑筋を拡張させます。



選択肢 2 ですが
イミダプリルは、ACE 阻害薬です。
酵素を阻害する薬であり
血管平滑筋細胞に
直接作用する薬では、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 は、正しい選択肢です。
テルミサルタンは
アンギオテンシン II 受容体拮抗薬です。

血管平滑筋細胞の
AT1 受容体という
アンギオテンシンⅡに結合する
に作用することで
血管平滑筋を拡張させます。



選択肢 4 ですが
クロニジンは
α2 受容体に作用することで
交感神経からの
神経伝達物質の遊離を抑制します。

その結果、交感神経を抑制することで
降圧作用を示す、中枢性の降圧薬です。

血管平滑筋に直接作用する薬では、ありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
カルテオロールはβ遮断薬です。

心機能抑制による降圧作用を期待して
用いられる薬です。
血管平滑筋に直接作用する薬では、ありません。

また
β遮断薬は、気管支平滑筋に作用し
平滑筋収縮をもたらすため
ぜん息患者には禁忌です。



以上より、正解は 1,3 です。