問100-258259 解説





問258-259
55歳男性。
下記の処方せんを持って来局した。

患者は半年前に
へリコパクター・ピロリ菌が陽性と診断され
かかりつけ医にて一次除菌を行ったが
不成功であった。
今回、二次除菌療法を行うことになった。


(処方)
ラベプラゾールNa錠 10 mg 
1回1錠(1日2錠)

アモキシシリンカプセル 250mg 
1回3カプセル(1日6カプセル)

薬剤 Ⅰ 1回1錠(1日2錠)
1日2回  朝夕食後   7日分


問258 (実務)
二次除菌療法で使用される 薬剤Ⅰ として
適切なのはどれか。
1つ選べ。

1 クラリスロマイシン錠 200 mg

2 アジスロマイシン錠 250 mg

3 メトロニダゾール錠 250 mg

4 メベンダゾール錠 100 mg

5 アルベンダゾール錠 200 mg


問258 解説

二次除菌療法で使用される薬剤は
PPI+アモキシシリン+メトロニダゾール です。


従って、正解は 3 です。



ちなみに
選択肢 1 のクラリスロマイシンは
マクロライド系抗生物質です。


選択肢 2 のアジスロマイシンは
15 員環マクロライドです。


選択肢 4 のメベンダゾールは
駆虫剤です。
ATP 合成抑制作用により鞭虫に対して
駆虫作用を示します。


選択肢 5 のアルベンダゾールは
エキノコックス症(包虫症)の治療薬です。



問259 (薬理)
薬剤Ⅰ の作用機序として正しいのはどれか。
1つ選べ。

1 ヒスタミン H2 受容体を遮断する。

2 DNA の二本鎖を切断する。

3 リボソームの 50S サブユニットと結合し
タンパク質合成を阻害する。

4 H+,K+-ATPase を非可逆的に陸害する。

5 ウレアーゼを阻害する。


問259 解説

メトロニダゾールは
還元を受けて、R-NO(ニトロソ化合物)に変化します。

このR-NOに加え
反応途中で生成した
ヒドロキシラジカルによるDNA 切断により
抗原虫 及び抗菌作用を有します。


従って、正解は 2 です。