問100-260261 解説





問260-261
68歳男性。
骨転移のある前立腺がんと診断され
以下の薬剤が処方された。

(処方1)
ゴセレリン酢酸塩デポ 3.6 mg
1回 3.6 mg  4 週ごとに 1 回 前腹部に皮下注射

(処方2)
ゾレドロン酸水和物注射液 4 mg
1 回 4mg  4 週ごとに 1 回 点滴静注

(処方3)
ピカルタミド口腔内崩壊錠 80mg 
1回1錠  朝食後   14 日分

(処方4)
ジクロフェナク Na 坐剤 25 mg 
1回1個 痛い時 28 回分



問260(薬理)
以下の記述のうち、いずれの処方薬にも
該当しないのはどれか。
1つ選べ。

1 シクロオキシゲナーゼを阻害し
プロスタグランジンの生成を抑制する。

2 アンドロゲン受容体を遮断し
前立腺がん細胞の増殖を抑制する。

3 黄体形成ホルモン放出ホルモン
(LH-RH)受容体を競合的に遮断し
ゴナドトロピンの分泌を抑制する。

4 下垂体の機能を抑制し
精巣からのテストステロン分泌を抑制する。

5 骨吸収を抑制し
高カルシウム血症を改善する。


選択肢 1 は
処方 4 のジクロフェナク Na に関する記述です。


選択肢 2 は
処方 3 の ビカルタミド に関する記述です。


選択肢 3 ですが
いずれの処方薬にも該当しません。

LH-RH 受容体を競合的に遮断する薬としては
デガレリクス などがあります。


選択肢 4 は
処方 1 のゴセレリンに関する記述です。


選択肢 5 は
処方 2 のゾレドロン酸に関する記述です。



以上より、正解は 3 です。



問261 (実務
この患者への服薬に関する説明および
指導の内容として、適切なのはどれか。
2つ選べ。

1 処方 1 の薬剤を使い始めたころに
一時的に尿の出が悪くなることがあります。

2 処方 2 の薬剤使用中は
出血が止まりにくくなるので
抜歯などは控えてください。

3 処方 3 の薬剤は
痛みをやわらげたり
骨折を予防するのに有効です。

4 処方 4 の薬剤は
挿入による刺激で便意が起こることがあるので
できるだけ排便後に使用してください。



選択肢 1 は、正しい選択肢です。
ゴセレリンは、LH-RH アゴニストです。
一時的に男性ホルモン放出が増加するため
尿閉が強まる可能性があります。



選択肢 2 ですが
ゾレドロンは、ビスホスホネート剤です。
前立腺がんの骨転移は、病的骨折などの原因となります。
これらの骨関連事象の発生の抑制に加え
疼痛管理にも有効であるため、使用が推奨されています。

注意事項としては
腎障害、低 Ca 血症、顎骨壊死などです。


ビスホスホネート系薬剤による額骨壊死は
予防が極めて重要であり
薬剤投与前に、抜歯などを含め、侵襲的な歯科治療は
終わらせておく必要があります。

さらに、投与前から投与後も継続して
歯周疾患に対する十分なケアが必要であるため
医師と歯科医師の連携が必要です。

そして、服薬指導においては
ビスホスホネート剤使用中であることを
歯科医に必ず伝えるように
指導しなければなりません。

抜歯などを控える理由は顎骨壊死を避けるためであり
出血が多いからでは、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
これは、処方 2 のゾレドロン酸に関する記述です。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、その通りの記述です。




以上より、正解は 1,4 です。