問100-262263 解説





問262-263
66歳男性。
最近、腰痛が原因で、寝付きも良くないため
整形外科を受診した。
骨粗しょう症と診断され
処方せんを持って薬局を訪れた。

(処方1)

ラロキシフェン塩酸塩錠 60mg
1回1錠 (1日1錠)

アルファカルシドールカプセル 0.5mμg
1回1カプセル(1日1カプセル
1日1回 朝食後 14日分


(処方2)
L-アスパラギン酸カルシウム錠 200mg
1回2錠 (1日6錠)

メナテトレノンカプセル 15mg
1回1カプセル(1日3カプセル)
1日3回 毎食後 14日分


(処方3)
セレコキシブ 100mg
1回1錠(1日2錠)
1日2回 朝夕食後 14日分



問262(薬理)
処方された薬剤の作用機序として
正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 アンドロゲン受容体に結合し
タンパク質同化を促進する。

2 オステオカルシンのカルボキシ化を介し
骨形成を促進する。

3 カルシウムとリンの腸管からの吸収を促進する。

4 カルシトニン受容体に結合し
骨吸収を抑制する。

5 ヒドロキシアパタイトに結合し
骨吸収を抑制する。



選択肢 1 は
男性ホルモンの作用機序です。
処方の中には、男性ホルモン剤はありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 は、正しい選択肢です。
メナテトレノン(®グラケー)の作用機序です。

オステオカルシンとは
骨芽細胞から分泌されるタンパク質です。

カルボキシラーゼという酵素により
ビタミン K2 を補酵素として
γ-カルボキシル化を受けて活性化します。
活性化されたオステオカルシンは
骨形成を促進させます。

メナテトレノンは
オステオカルシンのカルボキシル化を介して
骨形成促進作用を有します。



選択肢 3 は、正しい選択肢です。
アルファカルシドールの作用機序です。

アルファカルシドールは
活性型ビタミン D3 製剤です。
カルシウムの吸収を促進することに加え
骨芽細胞を活発にして、骨形成を促進します。



選択肢 4 は
カルシトニン製剤の作用機序です。
処方の中にはありません。
代表例は、エルカルシトニンです。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は
ビスホスホネート製剤の作用機序です。
処方の中にはありません。
代表例は、エチドロン酸(®ボナロン)です。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 2,3 です。



問263(実務)
薬剤師はこの処方に関して
医師へ疑義照会を行った。

疑義が生じた薬剤として
最も可能性が高いのはどれか。
1つ選べ。

1 ラロキシフェン塩酸塩錠
2 アルファカルシドールカプセル
3 L - アスパラギン酸カルシウム錠
4 メナテトレノンカプセル
5 セレコキシブ錠


ラロキシフェンは
選択的エストロゲン受容体調節薬(SERM)です。
閉経後の女性に対して用いられます。

本問の症例は男性であるため
疑義照会を行う必要が高いと考えられます。


よって、正解は 1 です。