問100-265 解説





問265 (薬理)

ダルベポエチンアルファの
薬理作用および副作用に関する記述のうち
正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 単球および単球系前駆細胞に作用して
増殖を促進する。

2 エリスロポエチン(EPO)の
EPO 受容体に対する親和性を高める。

3 エポエチンアルファと比較して
持続的な赤血球造血作用を示す。

4 血圧低下を起こしやすい。

5 血液粘稠度が上昇し
血栓塞栓症を誘発するおそれがある。



選択肢 1 ですが
ダルベポエチンは
遺伝子組み換えエリスロポエチン製剤です。

赤芽球系前駆細胞に直接作用し
造血効果を発揮します。
単球および単球系前駆細胞では、ありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
本薬剤は、エリスロポエチン受容体に
直接結合することで作用します。
EPO の、受容体に対する親和性を高める という作用では
ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 は、正しい選択肢です。

ダルベポエチンの特長は
EPO製剤のアミノ酸配列の一部を改変すると共に
新たな糖鎖を付加させることで、半減期を延長させ
持続的な赤血球増加作用を実現した点にあります。


選択肢 4 ですが
造血作用を示す薬であるため、副作用としては
高血圧がおこります。
低血圧では、ありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は、正しい選択肢です。



以上より、正解は 3,5 です。