病態・薬物治療 (理論)


問181 
72歳男性。
1年前より、一定の距離を歩行すると
右のふくらはぎ(腓腹筋)に痛みを感じていたが
歩行をしばらく中止すると
改善するので、放置していた。

1ヶ月前から次第に
症状が悪化してきたため
近医を受診した。
このとき測定した血圧は
以下の通りであった。
またMRI で
右総腸骨動脈に閉塞を認めた。

この患者に対する治療薬について
医師から薬剤師に相談があった。
提案すべき適切な薬剤はどれか。
2 つ選べ。

(血圧)
左上腕138/72mmHg 足関節152/78mmHg
右上腕134/70mmHg 足関節94/52mmHg

1 ワルファリンカリウム
2 シロスタゾール
3 ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩
4 リバーロキサバン
5 サルポグレラート塩酸塩




問182 
65歳男性。
慢性閉塞性肺疾患の既往歴あり。

数年前から労作時に
息切れ、動悸を覚えるようになった。
数日前から風邪様症状が出現し
夜間咳嗽、喀痰とともに
起坐呼吸の状態となった。

身体所見:身長172cm、体重69kg
血圧140/85mmHg、脈拍108/分(不整)
頸静脈怒張、収縮期雑音、下肢の浮腫著明。

検査所見:
BNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)716pg/mL
(基準値18.4pg/mL以下)。

胸部X線写真:
心胸郭比(CTR)71.5%
心電図:心房細動と左室肥大。

この患者に対する治療薬について
医師から薬剤師に相談があった。
提案すべき治療薬として
適切でないものはどれか。2 つ選べ。

1 リシノプリル水和物
2 フロセミド
3 カルペリチド
4 メキシレチン塩酸塩
5 リキシセナチド

問182 解説



問183 
42歳女性。
身長161cm、体重51kg。
既往歴及び喫煙歴なし。

月経困難症のため
近隣の婦人科を受診し
ドロスピレノン・エチニルエストラジオールの
配合剤が処方された。

薬剤を服用しはじめてから数ヶ月後
かかりつけ薬局の薬剤師
「急に息切れがし、胸が痛くなった」と
電話による相談があった。

薬剤師は、安全性速報で
注意喚起されている
この配合剤の副作用であると推定し
服用を中止してすぐに
救急医療機関を受診するよう指導した。

この副作用はどれか。1 つ選べ。


1 急性心筋塞
2 不整脈
3 狭心症
4 肺塞栓症
5 気胸




問184 
播種性血管内凝固症候群
(DIC)に関する記述のうち
誤っているのはどれか。1 つ選べ。

1 悪性腫瘍や産科的疾患などの
基礎疾患を有する。

2 多発性微小血栓による
循環障害を生じる。

3 凝固系と線溶系が
同時に亢進する。

4 血小板数が増加する。

5 基礎疾患の治療に並行して
ヘパリンや合成プロテアーゼ阻害薬による
治療を行う。




問185 
42歳女性。
健康診断で高血圧症を
指摘されたため、内科を受診した。

検査の結
血清カリウムの低下
血漿レニン活性の低下
血漿アルドステロン濃度の上昇 を認めた。

さらに検査入院し
カテーテル検査にて両側副腎静脈より採血し
血漿アルドステロン濃度を測定したところ
片側のアルドステロン濃度の
著明な上昇がみられた。

他の生化学的検査値には異常を認めず
特記すべき家族歴もなかった。

この患者の病側副腎摘出手術を行うまでの期間
高血圧症に対する治療薬につい
医師より薬剤師に相談があった。
提案すべき治療薬はどれか。1 つ選べ。

1 トリクロルメチアジド
2 スピロノラクトン
3 アリスキレンフマル酸塩
4 バルサルタン
5 リシノプリル水和物




問186 
36歳男性。
既往歴に特記すべきことなし。
体のだるさとともに、突然
上眼瞼と下肢に浮腫が出現した。

血圧は140/85mmHg で
血液検査・尿検査を行ったところ
結果は以下のとおりであった。

血液検査:
白血球5,800/μL、Hb 14.2g/dL
血小板数25× 104/μL

AST 32IU/L、ALT 38IU/L
血中尿素窒素(BUN)23mg/dL 
血清クレアチニン1.2mg/dL 
クレアチニンクリアランス80mL/min

Na138mEq/L、K4.5mEq/L、
Cl102mEq/L

低密度リポタンパク質コレステロール
(LDL-C)268mg/dL
高密度リポタンパク質コレステロール
(HDL-C)39mg/dL
トリグリセリド190mg/dL
血清総タンパク5.6g/dL

血清アルブミン2.6g/dL
空腹時血糖98mg/dL
HbA1c5.6%

尿検査
尿潜血(-)
尿タンパク(4+)3.8g/day
尿比重1.018

精査の結果
ステロイドのパルス療法が開始された。

この患者の推定される病態として
正しいのはどれか。1 つ選べ。

1 痛風腎
2 糖尿病
3 ネフローゼ症候群
4 急性肝炎
5 多発性硬化症





問187 
58歳男性。
21歳のとき、統合失調症を発症。
その後、精神科への入退院を繰り返し
昨日、本院に入院。
検査の結果、耐糖能異常が診断された。
薬歴として以下の処方が記載されていた。

(処方1)
ハロペリドール錠1mg 1回2錠(1日6錠)
1日3回朝昼夕食後14日分

(処方2)
オランザピン錠5mg 1回1錠(1日1錠)
1日1回朝食後14日分

(処方3)
フルニトラゼパム錠2mg 1回1錠(1日1錠)
酸化マグネシウム錠250mg 1回1錠(1日1錠)
1日1回就寝前14日分

(処方4)
フルバスタチン錠20mg 1回1錠(1日1錠)
1日1回夕食後14日分

この患者の処方に対して薬剤師が
医師に処方変更を提案するとき
削除を提案すべき薬剤はどれか。1 つ選べ。

1 ハロペリドール錠
2 オランザピン錠
3 フルニトラゼパム錠
4 酸化マグネシウム錠
5 フルバスタチン錠




問188 
臓器移植の拒絶反応に用いる
薬物に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 グスペリムスは
抗CD25モノクローナル抗体であり
急性拒絶反応の治療に用いられる。

2 タクロリムスは
カルシニューリンを阻害して
T細胞におけるインターロイキン-2 の
産生を抑制する。

3 ミコフェノール酸モフェチルは
急性拒絶反応治療の第一選択薬である。

4 抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリンは
急性拒絶反応の治療に用いられる。

5 シクロスポリンは
ほ乳類ラパマイシン標的タンパク質
(mTOR)阻害作用に基づく免疫抑制により
腎移植に用いられる。





問189 
口腔咽頭カンジダ症に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 HIV 感染者で罹患率が低い。

2 ステロイド吸入患者で罹患率が高い。

3 がん患者で罹患率が低い。

4 舌痛、口腔内出血、口腔粘膜の白苔
潰瘍などの臨床症状を示す。

5 ニューキノロン系抗菌薬による
初期治療が第一選択である。




問190 
55歳男性。
進行下行結腸がん手術施行後
テガフール・ウラシル配合剤を
内服していた。

その後、脾転移、腹膜播種が認められ
FOLFOX+ベバシズマブ療法
開始された。

12コース施行後、効果が不十分なため
FOLFIRI+パニツムマブ療法へ
変更となった。
このがん化学療法施行前に行う
遺伝子検査はどれか。2 つ選べ。

1 EGFR
2 KRAS
3 UGT1A1
4 B-Raf
5 Bcr-Abl




問191 
製薬企業の医薬情報担当者の
役割として適切なのはどれか。2 つ選べ。

1 医療機関を訪問することにより
自社の医療用医薬品を中心とした
医薬情報を医療関係者に提供し
適切な価格交渉を行う。

2 医薬品の有効性情報や
安全性情報を医療現場から収集し
企業に報告する。

3 常に安全性よりも有効性に
重点をおいて情報を提供する。

4 自社の治験薬に関する
データの収集及び解析を行う。

5 緊急安全性情報を
医療機関に伝達する。





問 192 
ある疾患Xは、日本人の有病率が 0.2%である。
Xに対する疾患マーカーMは
 Xに罹患した患者において 99%の確率で陽性を示すが
1%の確率で陰性を示す。
 また、Xに罹患していない患者では2%の確率で陽性を示し
98%の確率で陰性を 示す。

ある日本人患者が疾患マーカーMで陽性を示したとき
その患者がXに罹患 している確率(陽性予測値)として
最も近い値はどれか。1つ選べ。

1 9% 
2 25% 
3 73% 
4 97% 
5 98%





問 193 
コホート研究の指標の中で
「絶対リスク減少率」に該当するのはどれか。
2 つ選べ。

1 曝露群と非曝露群の危険度の比 

2 治療することにより
ある転帰がどの程度抑えられたかを
減少率で表した値 

3 対照群における結果因子の発生率と
治療群における結果因子の発生率の差 

4 症例群が曝露した割合と
対照群が曝露した割合の比 

5 治療必要数の逆数





問194 
仮説検定を危険率1%で行ったところ
帰無仮説は棄却できなかった。
この検定結果に関する記述として
適切なのはどれか。1 つ選べ。

1 第1種の過誤が
生じている可能性がある。

2 帰無仮説は
肯定されたと解釈される。

3 危険率を5%とすれば
帰無仮説は棄却されやすくなる。

4 危険率を変えなければ
標本数を増やしても
帰無仮説が棄却される見込みは変わらない。

5 第2種の過誤を犯す
可能性の程度は1%である。





問195 
以下の図は
3群以上の間で仮説検定を行う場合の
データの種類に応じた仮説検定法の選択と
その順序の概要を示したものである。

図の①,②,③の組合せとして
適切なのはどれか。1 つ選べ。

なお、post hoc 多重比較検定には
Tukeyの検
Scheffeの検定
Dunnett の検定などが含まれる。