問101-181 解説


問181 
72歳男性。
1年前より、一定の距離を歩行すると
右のふくらはぎ(腓腹筋)に痛みを感じていたが
歩行をしばらく中止すると
改善するので、放置していた。

1ヶ月前から次第に
症状が悪化してきたため
近医を受診した。
このとき測定した血圧は
以下の通りであった。
またMRI で
右総腸骨動脈に閉塞を認めた。

この患者に対する治療薬について
医師から薬剤師に相談があった。
提案すべき適切な薬剤はどれか。
2 つ選べ。

(血圧)
左上腕138/72mmHg 足関節152/78mmHg
右上腕134/70mmHg 足関節94/52mmHg

1 ワルファリンカリウム
2 シロスタゾール
3 ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩
4 リバーロキサバン
5 サルポグレラート塩酸塩


本問において
血圧が両手両足で測定されています。
ここから ABI (ankle brachial index) を算出できます。

ABI とは 
「足首の最高血圧 ÷ 上腕の最高血圧」です。
健康であれば、足首の方が少し高くなります。

ABI が、0.9 よりも小さいと
動脈の閉塞が考えられます。

本問症例では
右側の ABI が低いことが特徴的です。
主訴の右ふくらはぎの痛み や
MRI の結果と符号します。


さて、選択肢の薬はどれも
いわゆる「血液サラサラにする薬」です。
大きく 2 つに分類されます。

すなわち
抗凝固薬 (ワーファリン等) と
抗血小板薬 (サルポグレラート等) です。

抗凝固薬は、心不全などの基礎疾患のもと
血栓ができやすくなっている時につかいます。

一方、抗血小板薬は
動脈硬化が関与する血栓に対して
用いられます。

この使い分けは
血液を、ホースの中を流れる水
血管をホースと例えた時に

そもそも
水が固まりやすくなっているなら
抗凝固薬を用いる。
ホースが細くなってたり、硬くなっているなら
抗血小板薬を用いる。というイメージです。
(両方用いることもあります。)


本問では
選択肢 1,3,4 が、抗凝固薬です。
選択肢 2,5 が、抗血小板薬です。

従って、検査結果をふまえ
抗血小板薬を提案することが適切であると
考えられます。


以上より、正解は 2,5 です。