問101-183 解説


問183 
42歳女性。
身長161cm、体重51kg。
既往歴及び喫煙歴なし。

月経困難症のため
近隣の婦人科を受診し
ドロスピレノン・エチニルエストラジオールの
配合剤が処方された。

薬剤を服用しはじめてから数ヶ月後
かかりつけ薬局の薬剤師
「急に息切れがし、胸が痛くなった」と
電話による相談があった。

薬剤師は、安全性速報で
注意喚起されている
この配合剤の副作用であると推定し
服用を中止してすぐに
救急医療機関を受診するよう指導した。

この副作用はどれか。1 つ選べ。


1 急性心筋塞
2 不整脈
3 狭心症
4 肺塞栓症
5 気胸


ドロスピレノン・エチニルエストラジオール
の商品名は、ヤーズです。

血栓症による副作用に関して
安全性速報が出されました。

よって、正解は 4 です。


血栓症のリスクがある医薬品に関して
「手足のまひ、しびれ」、「しゃべりにくい」
「痛みや呼吸困難」 といった
急激な、いつもと違う症状が見られたら
放置せず、ただちに連絡 をするように
説明を行います。

患者さん自身や、家族が
副作用の初期症状を理解することで
副作用の重篤化を避け
薬による利益を最大限に
享受することができます。

本症例のように
服用を開始して数ヶ月
場合によっては数年後に
副作用が表れることもあることから

服薬指導、薬学的管理を継続的に
行う意義があるといえます。


(PMDA 
重篤副作用疾患マニュアル へのリンク)