問101-184 解説


問184 
播種性血管内凝固症候群
(DIC)に関する記述のうち
誤っているのはどれか。1 つ選べ。

1 悪性腫瘍や産科的疾患などの
基礎疾患を有する。

2 多発性微小血栓による
循環障害を生じる。

3 凝固系と線溶系が
同時に亢進する。

4 血小板数が増加する。

5 基礎疾患の治療に並行して
ヘパリンや合成プロテアーゼ阻害薬による
治療を行う。


DIC とは
「凝固活性亢進」
→微小血栓が全身にできる
→多臓器不全 がおきる一方で 

微小血栓が全身にできることで
血小板や凝固因子が欠乏
→「全身において出血傾向」 をきたす
という病態のことです。 

何らかの基礎疾患を有した上で
発症します。


DIC で致命的なのは
血栓による臓器不全です。
治療は、ヘパリンなどを用いた
抗凝固療法 です。

プロテアーゼ阻害薬 も用いられます。
プロテアーゼ阻害薬は
抗トロンビン活性を示します。

トロンビンとは、フィブリノーゲンを
フィブリンにする酵素です。

トロンビンを前駆体から切り出す
プロテアーゼを阻害することで
抗トロンビン活性
(つまり抗凝固作用)を示します。


以上より
誤っている選択肢は 4 です。
血小板数は
増加ではなく、減少します。


正解は 4 です。