問101-185 解説


問185 
42歳女性。
健康診断で高血圧症を
指摘されたため、内科を受診した。

検査の結
血清カリウムの低下
血漿レニン活性の低下
血漿アルドステロン濃度の上昇 を認めた。

さらに検査入院し
カテーテル検査にて両側副腎静脈より採血し
血漿アルドステロン濃度を測定したところ
片側のアルドステロン濃度の
著明な上昇がみられた。

他の生化学的検査値には異常を認めず
特記すべき家族歴もなかった。

この患者の
病側副腎摘出手術を行うまでの期間
高血圧症に対する治療薬につい
医師より薬剤師に相談があった。
提案すべき治療薬はどれか。1 つ選べ。

1 トリクロルメチアジド
2 スピロノラクトン
3 アリスキレンフマル酸塩
4 バルサルタン
5 リシノプリル水和物


選択肢 1 ですが
トリクロルメチアジドは
チアジド系利尿薬です。

利尿薬の中に
「K 保持性利尿薬」というカテゴリーが
あることから推測できるように
利尿薬の多くは、使用により
血中 K が低下します。

そして、チアジド系利尿薬も
使用により、血中 K が低下します。

本症例では
血清カリウムの低下が見られるのだから
更なるカリウム低下を促す
トリクロルメチアジドの使用は
不適切です。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 は、正しい選択肢です。
スピロノラクトンは、K 保持性利尿薬です。
また、アルドステロン拮抗薬です。

本症例は
原発性アルドステロン症であると
考えられます。

アルドステロンの過剰分泌に対し
拮抗薬を用いることで降圧が期待でき
適切であると考えられます。


選択肢 3~5 ですが
アリスキレンは、直接的レニン阻害薬です。
バルサルタンは、ATⅡ 受容体拮抗薬です。
リシノプリルは、ACE 阻害薬です。

それぞれ
レニン-アンギオテンシン-アルドステロン系の
出発点や中間の阻害薬です。

アルドステロン(最終産物)が
過剰に分泌されると
フィードバックにより、レニン活性は低下します。

つまり、レニンやアンギオテンシンが
関与する部分の活性は既に低下している
ということです。

従って
レニンの活性阻害や
アンギオテンシン拮抗では
降圧作用はそれほど期待できません。

よって、選択肢 3 ~ 5 は誤りです。


以上より、正解は 2 です。