問101-188 解説


問188 
臓器移植の拒絶反応に用いる
薬物に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 グスペリムスは
抗CD25モノクローナル抗体であり
急性拒絶反応の治療に用いられる。

2 タクロリムスは
カルシニューリンを阻害して
T細胞におけるインターロイキン-2 の
産生を抑制する。

3 ミコフェノール酸モフェチルは
急性拒絶反応治療の第一選択薬である。

4 抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリンは
急性拒絶反応の治療に用いられる。

5 シクロスポリンは
ほ乳類ラパマイシン標的タンパク質
(mTOR)阻害作用に基づく免疫抑制により
腎移植に用いられる。


選択肢 1 ですが
グスペリムス(スパニジン)は
腎移植後の拒絶反応に用いられる薬です。
低分子薬です。

キラー T 細胞や B 細胞の
成熟や 増殖抑制 により
免疫抑制作用を示します。

CD25 に対する
モノクローナル抗体は
バシリキシマブ(シムレクト) などです。

ちなみに、CD 25 は
IL-2 受容体のα鎖 のことです。

語尾が「マブ」じゃない点から
モノクローナル抗体ではないと
推測してもよいと思います。

選択肢 1 は、誤りです。


選択肢 2 は、正しい選択肢です。
シクロスポリン、タクロリムスは
カルシニューリン阻害薬です。


選択肢 3 ですが
急性拒絶反応は
まずはステロイド剤の大量投与(パルス療法)
を行います。

ステロイド抵抗生の場合に
その他の免疫抑制剤を用います。

ミコフェノール酸モフェチル(セルセプト)は
代謝拮抗薬です。
各種移植の拒絶反応抑制に用いられますが
急性拒絶反応の第一選択薬では、ありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 は、正しい選択肢です。
商品名はサイモグロブリンです。
再生不良性貧血や
各種臓器移植の急性拒絶反応に対して
用いられます。


選択肢 5 ですが
シクロスポリンは
カルシニューリン阻害薬です。
mTOR 阻害薬では、ありません。

mTOR 阻害薬としては
エベロリムス(アフィニトール)などが
あります。

よって、選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 2,4 です。