問101-189 解説


問189 
口腔咽頭カンジダ症に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 HIV 感染者で罹患率が低い。

2 ステロイド吸入患者で罹患率が高い。

3 がん患者で罹患率が低い。

4 舌痛、口腔内出血、口腔粘膜の白苔
潰瘍などの臨床症状を示す。

5 ニューキノロン系抗菌薬による
初期治療が第一選択である。


カンジダ症は
日和見感染症の一種です。

免疫が弱っている時に
常在菌であるカンジダ菌が
増殖することで、発症します。

以上をふまえ
各選択肢を検討します。


選択肢 1 ですが
HIV 感染により、免疫は弱まります。
罹患率は、高くなります。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 は、正しい選択肢です。
ステロイド吸入により
特に口腔や咽頭において
菌に感染したり、増殖しやすくなります。

吸入ステロイドを使用したら
すぐに正しくうがいをすることが
カンジダ症を避けるために重要です。


選択肢 3 ですが
がん患者は、化学療法や放射線療法の影響や
末期における免疫の低下により
罹患率は高いと考えられます。

よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 は、正しい選択肢です。


選択肢 5 ですが
カンジダ症の治療は
抗真菌薬を用います。
ニューキノロンでは
効果が期待できません。

よって、選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 2,4 です。