問101-190 解説


問190 
55歳男性。
進行下行結腸がん手術施行後
テガフール・ウラシル配合剤を
内服していた。

その後、脾転移、腹膜播種が認められ
FOLFOX+ベバシズマブ療法
開始された。

12コース施行後、効果が不十分なため
FOLFIRI+パニツムマブ療法へ
変更となった。
このがん化学療法施行前に行う
遺伝子検査はどれか。2 つ選べ。

1 EGFR
2 KRAS
3 UGT1A1
4 B-Raf
5 Bcr-Abl


FOLFIRI 療法とは
FOLFOX で用いられる
OX=オキサリプラチン を
IRI=イリノテカン に変えたレジメンです。

イリノテカンはプロドラッグです。
Ⅰ型DNAトポイソメラーゼ阻害薬です。
カルボキシルエステラーゼによる
代謝を受けて、活性代謝物である
SN - 38 に変換されます。

SN -38 は、グルクロン酸抱合により
代謝されるのですが
UGT1A1 遺伝子 の多型によって
副作用発現割合が
高くなることが知られています。

よって、UGT 1A1 の遺伝子検査を
行います。


また、ベバシズマブ(アバスチン)は
VEGF (血管内皮細胞増殖因子) を
標的とする、モノクローナル抗体です。

そして、今回変更となる
パニツムマブ(ベクティビックス)は
EGFR (上皮細胞増殖因子)を
標的とする、モノクローナル抗体です。

パニツムマブは
KRAS 遺伝子野生型 の
結腸・直腸がんに用いられます。

よって、KRAS 遺伝子検査を
行います。


以上より、正解は 2,3 です。