問101-193 解説


問 193 
コホート研究の指標の中で
「絶対リスク減少率」に該当するのはどれか。
2 つ選べ。

1 曝露群と非曝露群の危険度の比 

2 治療することにより
ある転帰がどの程度抑えられたかを
減少率で表した値 

3 対照群における結果因子の発生率と
治療群における結果因子の発生率の差 

4 症例群が曝露した割合と
対照群が曝露した割合の比 

5 治療必要数の逆数


選択肢 1 ですが
これは、相対危険度です。
絶対リスク減少率では、ありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 ですが
転帰とは、治癒、軽快などの結果です。

コホート研究とは、ある要因に注目して
暴露群と非暴露群を追跡し
ある疾病の発生率を調べる研究です。
転帰の変化はわかりません。

よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 は、正しい選択肢です。


選択肢 4 ですが
コホート研究において
「対照群」とは、要因の非曝露群のことです。
対照群が、曝露した割合というのは
常に 0 と考えられます。

文脈からは、もしかしたら
「発症しなかった群」ぐらいの意味かとも
思いました。

そうだとしても、これで出るのは
「曝露率の比」であり
絶対リスク減少率では、ありません。

よって、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 は、正しい選択肢です。
治療必要数は、NNT と略されます。
絶対リスク減少の逆数です。


以上より、正解は 3,5 です。








要因・対照研究(コホート研究)、相対危険度(相対リスク)、寄与危険度)