問101-195 解説


問195 
以下の図は
3群以上の間で仮説検定を行う場合の
データの種類に応じた仮説検定法の選択と
その順序の概要を示したものである。

図の①,②,③の組合せとして
適切なのはどれか。1 つ選べ。

なお、post hoc 多重比較検定には
Tukeyの検
Scheffeの検定
Dunnett の検定などが含まれる。

Tukey の検定は
パラメトリック つまり
正規分布であるデータに
用いるとわかります。

よって、選択肢 1,2 は誤りです。


あとは、選択肢の中で
一元配置分散分析だけ
「分散分析」とあります。
ほかは「◯◯検定」という名前です。

そこで、一元配置分散分析とは
検定の前処理みたいなものであり
検定ではないと推測すると
一元配置「分散分析」が、②です。
以上より、正解は 5 です。

(正直、知らなかったので
過去問の知識から
3~6に絞ることができれば
十分だと思いました。。)