問101-286287 解説





問286-287 
40歳男性。
活動期のクローン病と診断された。
主治医より患者の栄養状態把握及び改善のため
院内栄養サポートチームに介入の依頼があった。


問286(実務)
この患者に対する栄養療法に関して
薬剤師が院内栄養サポートチームで
とるべき対応について、適切なのはどれか。
2 つ選べ。

1 消化及び吸収障害が重篤な場合は
半消化態栄養剤を第一選択として提案する。

2 成分栄養剤を用いる場合は
脂溶性ビタミンや不足する微量元素の投与を提案する。

3 重度な下痢症状が認められたり
広範な小腸病変が認められる場合は
TPN(Total Parenteral Nutrition)の
実施を提案する。

4 栄養療法と薬物療法の併用は
推奨されないことを提案する。

5 経腸栄養療法と併用する食事としては
高脂肪食を提案する。


半消化態栄養剤とは
主要な栄養素がそのまま含まれており
体内での消化が必要な栄養剤です。

消化吸収障害が重篤な患者には
適切では、ありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2,3 は、正しい選択肢です。


選択肢 4 ですが
栄養療法と薬物療法は
併用を避けるべきものではありません。
むしろ、うまく併用することで
それぞれ単独を超える効果を期待することが
できます。

選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 ですが
クローン病の患者の食事は
腸管の炎症や病変の悪化を防ぐため
脂肪摂取量を制限します。
高脂肪食を提案することは、誤りです。

よって、選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 2,3 です。



問287(病態・薬物治療)
クローン病に関する記述のうち
正しいのはどれか。つ選べ。

1 緩解と増悪を繰り返す。
2 小腸及び大腸に病変が限局する。
3 薬物治療により根治できる。
4 好発年齢は10歳代後半から20歳代である。
5 ほとんどの症例に粘血便が見られる。


クローン病とは
10~30代好発の
消化管のいたるところに
炎症や潰瘍が生じる病気です。


慢性に寛解と再燃を繰り返し
継続的治療が必要です。
現在のところ
根治療法は確立されていません。


ちなみに
粘血便は、潰瘍性大腸炎に特徴的な症状です。
クローン病でも、見られることはありますが
ほとんどの症状に見られる
ということはありません。


以上より、正解は 1,4 です。