問101-288289 解説



問288-289
60 歳男性。
2年前にうつ病と診断され
薬物治療を行ってきた。
ここ数ヶ月、仕事が多忙になり
気分の落ち込みが激しくなった。
本日受診した結果、主治医は
これまでの抗うつ薬を1錠から2錠に増量した。

(処方)
セルトラリン塩酸塩錠25mg 
1回2錠(1日2錠) 1日1回 夕食後
14日分


問288(病態・薬物治療)
以下のうち、この患者において
注意すべき重大な副作用はどれか。1 つ選べ。

1 腎不全
2 セロトニン症候群
3 間質性肺炎
4 横紋筋融解症
5 無菌性髄膜炎


問289(実務)
薬局薬剤師が
前問の重大な副作用を早期発見するために
患者にあらかじめ説明する事項として
適切でないのはどれか。1 つ選べ。

1 高熱が出るようでしたら、お知らせください。
2 下痢を起こすようでしたら、お知らせください。
3 手足が勝手に動くことがあれば、お知らせください。
4 不安やいらいらが高まるようであれば、お知らせください。
5 手にピリピリする感覚や、やけどしたときのような
痛みがあれば、お知らせください。


問288-289 解説

セルトラリン(ジェイゾロフト)は
選択的セロトニン
再取り込み阻害薬(SSRI) 
の一種です。


作用機序から
セロトニンが過剰になることによる副作用に
注意が必要であるといえます。

よって、問288 の正解は 2 です。


ちなみに
セロトニン症候群とは
不安、発汗、発熱、下痢
ミオクローヌス(筋肉の、無意識の運動)
などの症状が表れることです。

イメージとしては
感覚も筋肉も、過敏に興奮している感じです。

問289の
選択肢 1 ~ 4 は、適切な選択肢です。


選択肢 5 は
手足症候群に関する説明です。

手足症候群とは
抗がん剤による化学療法の影響で
手や足に、感覚異常や
皮膚の変形、変質などが
見られることです。

よって、問 289 の正解は 5 です。