問101-290291 解説





問290-291 
60歳女性。
下部消化管内視鏡検査により
S状結腸がんが指摘された。
さらにCT による精査の結果
肺と肝臓に転移が見られた。

手術適応がなく、外来に
オキサリプラチン、レボホリナートカルシウム
フルオロウラシルを用いた
ん化学療法を行うこととなった。


問290(実務)
本化学療法における
副作用への対応に関する記述のうち
適切なのはどれか。2 つ選べ。

1 痛風腎の予防のために
尿のアルカリ化及び
アロプリノールの投与が必要である。

2 重篤な過敏症状の発現時には
ステロイド及び抗ヒスタミン薬の静注を行う。

3 白血球数低下を伴う
発熱時には感染症を疑い
直ちに十分量の抗生物質を投与する。

4 投与2~3日後に
筋肉痛及び関節痛が発現した場合には
鎮痛薬を投与する。

5 出血性膀胱炎のリスクを
軽減するために必要量の輸液を投与する。


まず、本症例に関してですが
結腸は、大腸の一部です。

そして、本問の化学療法は
大腸がんのレジメンの一つである
m-FOLFOX6 療法です。

大腸がんのレジメンとして
FOLFOX、FOLFORI について
ある程度知っていることが期待されると
思われます。


さて、選択肢 1 ですが
痛風腎とは
痛風の原因である尿酸結晶が
腎臓に沈着することです。

化学療法における副作用の予防として
尿のアルカリ化やアロプリノールの投与を行うのは
「腫瘍崩壊症候群」への対応と考えられます。

腫瘍崩壊症候群とは
がん細胞が短時間に大量に死滅し
内容物であった尿酸などが
大量に排出されることに伴う
症状の総称です。

血液がんに対する初回化学療法などで
特に注意が必要です。

よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2,3 は、正しい選択肢です。


選択肢 4 ですが
2~3日以内の筋肉痛及び関節痛
パクリタキセルなどの代表的副作用です。
その場合は、アセトアミノフェン等で対応します。


選択肢 5 ですが
出血性膀胱炎のリスクが高いのは
シクロホスファミドやイホスファミドを使用する
化学療法です。


選択肢 4,5 は
オキサリプラチン及び
フルオロウラシルを用いる化学療法
における副作用として
適切ではないと考えられます。


以上より、正解は 2,3 です。



問291(病態・薬物治療)
大腸がんに関する記述のうち
正しいのはどれか。つ選べ。

1 発がん過程において
高頻度で見つかる変異は
EGFR、p53、KRAS の3遺伝子である。

2 早期の場合はほとんどが無症状だが
脳転移による頭痛で発見される例が多い。

3 腫瘍の大きさや発生部位によって
腹痛、血便、腸閉塞などの症状を呈する。

4 扁平上皮がんが大半を占める。

5 血清CEA とCA19-9 は
再発の診断に有用な腫瘍マーカーである。


選択肢 1 ですが
EGFR 変異が見つかるのは
肺がんが代表例です。

大腸がんにおいて
発がん過程で高頻度で
見つかる変異とはいえません。

よって、選択肢 1 は誤りです。


ちなみに、大腸がんでは
KRAS 遺伝子に変異が
あるかどうかを検査し
抗 EGFR 抗体薬の効果を
期待できるかどうかチェックします。

p53 は、がん抑制遺伝子の一つです。
がんなら変異が高い頻度で見つかります。


選択肢 2 ですが
早期がほぼ無症状 は、その通りです。

大腸がん発見のきっかけは
血便、継続する腹痛などの
消化器症状が多いです。

転移による頭痛 がきっかけであるのは
肺がんなどが代表例。
(血行性転移を起こしやすいもの。)


選択肢 3 は、正しい選択肢です。


選択肢 4 ですが
ほとんどの大腸がんは、腺がん です。

よって、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 は、正しい選択肢です。

再発の診断 や
治療効果の測定 に有用であり
早期の発見 などには
有用とはいえない点に注意が必要です。


以上より、正解は 3,5 です。