問101-294295 解説


問294-295 
61歳女性。閉経している。

針生検病理診断の結果
ER(エストロゲンレセプター)陽性
PR(プロゲステロンレセプター)陽性
HER2 陰性の浸潤性乳管がんと診断され
乳房温存手術が施行された。

術後の放射線療法に加え
薬物療法が開始された。


問294(実務)
この患者の術後薬物療法に
用いられる薬剤として
適切なのはどれか。2 つ選べ。

1 アナストロゾール
2 ビカルタミド
3 リュープロレリン酢酸塩
4 タモキシフェンクエン酸塩
5 トラスツズマブ

選択肢 1 は、正しい選択肢です。
アナストロゾール(アリミデックス)は
アロマターゼ阻害剤です。
閉経後乳がんに用いられます。

女性ホルモン受容体が陽性の場合に
優先される治療薬です。


選択肢 2 ですが
ビカルタミド(カソデックス)は
抗アンドロゲン(男性ホルモン)薬です。
前立腺がんに用いられます。
乳がんには、用いられません。

よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 ですが
リュープロレリンは
Gn - RH (ゴナドトロピン 放出ホルモン) の
アゴニストです。

結果的には、性ホルモン欠乏に
導く薬です。
女性に投与すると
強制的に閉経状態を作ると
理解しておけばよいです。
前立腺がんなどに用いられます。

乳がんにも用いられますが
適応は 「閉経前」 乳がんです。

よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、正しい選択肢です。
閉経前、閉経後を問わず
女性ホルモン受容体陽性の場合に
乳がん治療薬として用いられます。



選択肢 5 ですが
トラスツズマブ(ハーセプチン)は
HER2 タンパク質を標的とする
分子標的薬です。
乳がんや胃がんに用いられます。

本問では、HER2 陰性なので
用いられません。

よって、選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 1,4 です。



問295(病態・薬物治療)
術後2年経過時に
高カルシウム血症や脊髄圧迫症候など
骨転移にともなう合併症状が現れた。
骨転移や、その合併症状に対して
用いられる薬剤はどれか。2 つ選べ。

1 オマリズマブ
2 メナテトレノン
3 ゾレドロン酸水和物
4 デノスマブ
5 ラロキシフェン塩酸塩


乳がんは、前立腺がんや肺がんと並び
骨転移が多いがんです。

骨転移の結果
破骨細胞の活性化などがおきます。 

薬剤としては
ゾレドロン酸や
デノスマブ(プラリア)が用いられます。



選択肢 1 ですが
オマリズマブ(ゾレア)は
難治性喘息治療薬です。
ヒト化 ヒト IgE モノクローナル抗体です。
炎症細胞の活性化を抑制します。
乳がんの骨転移には、用いられません。


選択肢 2 ですが
メナテトレノンは、骨粗鬆薬です。
ビタミン K 製剤です。
骨量、痛みの改善に用います。
乳がんの骨転移には、用いられません。


選択肢 3,4 は、正しい選択肢です。
ゾレドロン酸は
ビスホスホネート剤の 1 つです。
破骨細胞の活動を阻害し
骨吸収を抑制します。注射剤です。

悪性腫瘍に合併する、高 Ca 血症 に
用いられます。


デノスマブは
RANKL という
破骨細胞の形成、機能などを調節する
タンパク質を標的とした
モノクローナル抗体です。

がん細胞の骨転移により
RANKL 産生が亢進します。
この RANKL を抑制することにより
骨吸収を抑制します。


選択肢 5 ですが
ラロキシフェン(エビスタ)は
SERM です。
選択的エストロゲン受容体調節薬です。
閉経後骨粗しょう症に用いられます。
乳がんの骨転移には、用いられません。

よって、選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 3,4 です。