問101-296297 解説


問296-297 
82歳女性。
関節リウマチと診断され
現在は以下の処方が出されている。

(処方1)
メトトレキサートカプセル2mg
1回1カプセル(1日2カプセル)
毎週月曜日1日2回 朝夕食後
4日分(投与実日数)

(処方2)
メトトレキサートカプセル2mg 
1回1カプセル(1日1カプセル)
毎週火曜日1日1回 朝食後
4日分(投与実日数)


問296(実務)
メトトレキサートカプセルの
服薬指導として、適切なのはどれか。
2 つ選べ。

1 めまい、ふらつきなどの
低血糖症状が起こる場合があります。

2 毎日服用する薬ではないので注意してください。

3 発熱、のどの痛み、風邪のような症状が
あらわれた場合は、すぐに
医師の診察を受けてください。

4 尿の色がオレンジ色になることがあります。

5 痛みがおさまったら服薬をやめてください。


メトトレキサート(リウマトレックス)は
間質性肺炎や骨髄抑制など
重大な副作用がおきうるので
「発熱、せき、呼吸困難、口内炎、倦怠感」
などが起きた場合は
直ちに連絡、医師の診察をすすめます。

また、1週間のうち1~2日だけ使う
という特殊な用法なので
使い方をしっかり理解するよう
注意が必要です。


選択肢 1 ですが
低血糖は知られていません。
服薬指導としては不適切であると
考えられます。


選択肢 2,3 は、正しい選択肢です。


選択肢 4 ですが
尿の色がオレンジになるのは
リファンピシンなどが知られています。
メトトレキサートでは、ありません。
服薬指導としては不適切であると
考えられます。


選択肢 5 ですが
痛みのない寛解状態になったら
その状態を続けることで
関節滑膜の炎症を抑え
関節の壊れの進行を防ぐことができます。

よって、寛解状態を服薬により
継続することが重要です。

痛みがなくなったからといって
勝手に休薬しては、いけません。


以上より、正解は 2,3 です。


問297(病態・薬物治療)
この患者において
関節リウマチの症状が悪化したため
生物学的製剤の追加を
慮することとなった。

メトトレキサートとの併用が前提で
投与されるのはどれか。1 つ選べ。

1 テムシロリムス
2 リツキシマブ
3 トシリズマブ
4 アバタセプト
5 インフリキシマブ


メトトレキサートとの併用を前提として
投与する生物学的製剤といえば
インフリキシマブ(レミケード)です。


選択肢 1 ですが
テムシロリムス(トーリセル)は
mTOR 阻害薬 です。
腎細胞癌に用いられます。


選択肢 2 ですが
リツキシマブ(リツキサン)は
CD20 を標的とした分子標的薬です。
モノクローナル抗体です。

CD 20 陽性の
非ホジキンリンパ腫 などに用いられます。


選択肢 3 ですが
トシリズマブ(アクテムラ)は
IL-6 受容体を標的とした分子標的薬です。
モノクローナル抗体です。

関節リウマチ治療薬です。
メトトレキサートの併用は、不要です。


選択肢 4 ですが
アバタセプト(オレンシア)は
CD80/86 を標的とする
分子標的薬です。
CTLA4 という分子と、免疫グロブリン の
融合タンパク質 です。
T 細胞の 機能を抑制します。

関節リウマチ治療薬です。
メトトレキサートの併用は、不要です。


選択肢 5 は、正しい選択肢です。


以上より、正解は 5 です。