問101-298-299 解説


問298-299 
67歳男性。
16年前にHIV 感染が判明し
ジドブジン(ZDV)とラミブジン(3TC)による
治療を開始したが
7年前から服薬を自己中断していた。

6年前の結核罹患を契機に
ロピナビル・リトナビル
(LPV・RTV)配合剤を追加して
治療を再開したが
その2年後から再び
服薬を自己中断していた。

全身倦怠感が徐々に進行し
血液検査(CD4陽性リンパ球
HIV-RNA 定量)の結果
3TC・アバカビル硫酸塩配合剤と
LPV・RTV による治療を開始することになった。


問298(実務)
本症例と治療薬について
適切なのはどれか。つ選べ。

1 3TC は単独投与しても
薬剤耐性を起こさない。

2 結核罹患の一因として
服薬の自己中断が考えられる。

3 全身倦怠感の悪化は
典型的な ZDV の副作用である。

4 無症候性となった場合
血液検査の必要はない。

5 肝機能が低下した場合
配合剤ではなく個々の薬剤の投与を考慮する。


HIV は、変異が多く
薬剤耐性を持ちやすいウイルスです。

多剤併用により
ウイルスの増殖を抑制することで
予後が大きく改善しました。


選択肢 1 ですが
単独投与で、薬剤耐性が生じない
ということはありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 ですが
服薬の自己中断により
ウイルスが増殖し、免疫が弱まり
結核に感染した、という可能性が
一因として考えられます。


選択肢 3 ですが
HIV 感染後、AIDs 発症前には
発熱や倦怠感がつづいたりといった
エイズ関連症候群 と呼ばれる症状が
見られます。

全身倦怠感の悪化も
エイズ関連症候群の
一つである可能性が考えられます。

一方で、ZDV には
重篤な肝障害の副作用がまれにあり
全身倦怠感が、副作用の初期症状とも
考えられます。

これらの可能性を考えると
「典型的 ZDV の副作用」とは
いえないと考えられます。

よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 ですが
無症候性となっても、血液検査の値に注目し
治療方針を決定していく必要があります。
無症候性でも、薬に抵抗性が生じ
ウイルスの増殖が進行していることも
あるからです。

よって、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 は、正しい選択肢です。


以上より、正解は 2,5 です。



問299(病態・薬物治療)
HIV 感染症について
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 母乳を介した感染はしない。

2 無症候期は、感染後、数週間である。

3 一過性のインフルエンザ様症状が
感染初期(感染後数週間)に起こる。

4 進行した場合
CD4 陽性リンパ球数が減少する。

5 日和見感染が、感染初期に起こる。


選択肢 1 ですが
母乳感染が知られています。
そのため、キャリアである母は
断乳します。


選択肢 2 ですが
数年間に至るときもあります。


選択肢 3 は、正しい選択肢です。
とはいえ、この症状では、HIV 感染と
自覚しないことが多いです。


選択肢 4 は、正しい選択肢です。


選択肢 5 ですが
感染してからかなりの時間が経ってようやく
免疫力が弱ってきます。
その結果、日和見感染がおきます。
よって、感染初期では、ありません。

選択肢 5 は、誤りです。


以上より、正解は 3,4 です。