法規・制度・倫理 (理論)


問141 
薬剤師の守秘義務(刑法第134条)に
関する記述のうち、正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 親告罪である。

2 正当な理由がある場合には
秘密を漏らしても、守秘義務違反にならない。

3 守秘義務違反によって
懲役刑に処されることはない。

4 医師と薬剤師の守秘義務では
規定されている刑罰に差がある。

5 業務上知り得た秘密であっても
その後、薬剤師でなくなった場合には
その秘密を漏らしても
守秘義務違反にならない。





問142 
医薬品の製造販売業及び
製造業に関する記述のうち
正しいのはどれか。1 つ選べ。

1 製造業の許可は
品目ごとに受けなければならない。

2 製造業の許可には
第1種と第2種の区分がある。

3 製造業の許可については
GQP が許可要件である。

4 製造販売業者が
医薬品を自社工場で製造する場合には
製造業の許可が必要である。

5 製造販売業者が
自ら輸入した医薬品を薬局開設者に販売する場合には
医薬品販売業の許可が必要である。





問143 
指定薬物に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 麻薬及び向精神薬取締法に基づき
厚生労働大臣が指定する。

2 販売を行う際には
指定薬物販売業の許可を得る必要がある。

3 大麻は、指定薬物に該当しない。

4 厚生労働大臣は
指定薬物である疑いがある物品を発見し
必要があると認めるときは
当該物品の販売者等に対し、検査を受ける
べきことを命ずることができる。

5 指定薬物を廃棄しようとする者は
その数量等を都道府県知事に届け出て
員の立会の下で廃棄しなければならない。





問144 
医療従事者に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 看護師は、原則として、医師の指示がなくても
医薬品を授与し、医薬品についての指示をすることができる。

2 薬剤師は、病棟業務においては
診療の補助を業として行える。

3 医師は、治療上薬剤を調剤して
投与する必要があると認めた場合には
原則として、処方箋を交付しなければならない。

4 診療に従事する医師は
診察治療の求めがあった場合には
正当な事由がなければ
これを拒むことはできない。

5 保健師とは、助産又は妊婦
じょく婦若しくは新生児の
保健指導を行うことを業とする女子をいう。





問145 
毒物及び劇物取締法に関する記述のうち
正しいのはどれか。つ選べ。

1 特定毒物研究者は
特定毒物を学術研究以外の用途で
使用することができる。

2 毒物劇物営業者は
毒物又は劇物を直接に取り扱う
製造所、営業所又は店舗ごとに
原則として、専任の
毒物劇物取扱責任者を置かなければならない。

3 毒物劇物営業者は
毒物又は劇物の譲渡に係る書面を
販売又は授与の日から
10年間保管しなければならない。

4 毒物劇物営業者は
その取扱いに係る毒物又は劇物が盗難にあい
又は紛失したときは、直ちに
その旨を警察署に届け出なければならない。

5 毒物劇物営業者は
その製造所、営業所又は店舗の名称を変更したときは
たに登録を受けなければならない。




問146 
医薬品副作用被害救済制度に関する
記述のうち、正しいのはどれか。
2 つ選べ。

1 救済給付金は
国からの補助金で賄われている。

2 キノホルムによるスモン
(SMON)が制度発足の契機となった。

3 治験薬による健康被害も
救済対象になる。

4 予防接種法の規定による
定期の予防接種で生じた健康被害は
救済対象とならない。

5 健康被害の程度によらず
救済される制度である。





問147 
公的医療保険制度に関する記述のうち
正しいのはどれか。 2 つ選べ。

1 国民皆保険制度が成立したのは
昭和30年代である。

2 国民健康保険の
保険者は、国である。

3 最も加入者が多いのは
後期高齢者医療制度である。

4 全国健康保険協会管掌健康保険は
被用者保険である。

5 生活保護受給者は
国民健康保険に加入する。





問148 
下図は、ある県内の
保険医療機関2施設
保険薬局2施設及び
患者宅との位置関係を図示したものである。

以下の説明のうち
適切なのはどれか。2 つ選べ。

1 アの調剤所は
患者がウで受け取った処方箋に基づき
調剤することができる。

2 ウは
患者に対する調剤は一切できない。

3 エは
患者がアで受け取った処方箋を持参した際に
在庫がなければ調剤を断ることができる。

4 エは
イで分割調剤を行った後の
処方箋を受け付けた場合
残りの分の調剤を行うことができる。

5 エには無菌調剤室がないが
適切に手続きをすれば
エの薬剤師がイの無菌調剤室を利用して
無菌調剤を行うことができる。




問 149 治験に関する記述のうち
正しいのはどれか。 2 つ選べ。

1 新有効成分について
我が国で初めて治験計画の届け出をした者は
届け出の 日から 30日以内に治験を開始しなければならない。

2 希少疾病用医薬品の治験には
GCP は適用されない。 

3 治験薬に添付する文書には
予定される販売名や予定される効能効果を
記載し てはならない。

4 健康成人を対象とした
治験への参加の同意については
文書での同意を要しな い。 

5 治験審査委員会には
医学、薬学等の専門的知識を有する者
以外の者の参加が 必要である。





問 150 
リスボン宣言に基づく
未成年患者への医療従事者の対応として
適切なのはどれか。 1 つ選べ。

1 患者が他の医師の意見を求めないよう配慮する。
2 患者からの質問は直接受けず、保護者経由で受ける。 
3 患者本人の意思が治療に反映されるように配慮する。 
4 治療を保護者が拒否する場合には、いかなる状況にあっても、それに従う。 
5 成人の患者よりも治療の選択の幅を狭くする。