問101-75 解説


問75 
麻薬小売業者の免許を受けている
薬局における麻薬
(ジアセチルモルヒネを除く)の取扱いのうち
事前に許可を受ける必要があるのはどれか。
1 つ選べ。

1 家庭麻薬の廃棄
2 同一都道府県内の麻薬卸売業者からの購入
3 麻薬処方箋に基づく調剤
4 同一都道府県内の薬局間での譲渡・譲受
5 調剤済麻薬の廃棄


麻薬小売業者とは
県知事の免許を受け、麻薬施用者が発行する
麻薬処方せんに基づき、調剤した麻薬を
譲り渡すことを業とする者 のことです。


選択肢 1 ですが
1 %以下のコデイン、ジヒドロコデインは
家庭麻薬という分類になります。

非常に紛らわしいのですが
家庭麻薬は、麻薬ではありません。
事前の許可は、不要です。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 ですが
麻薬の購入の相手は
県内の、麻薬卸売業者に限られます。

つまり
県内の麻薬卸売業者相手であれば
事前の許可は、不要です。
※「譲受証」と「譲渡証」は必要です。

よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 ですが
免許を受ければ
麻薬処方箋に基づく調剤に
事前の許可は、不要です。

(麻薬処方箋に基づく調剤を
行うための「免許」だから
さらなる事前の許可は不要
ということです。)


選択肢 4 は、正しい選択肢です。
同一都道府県内であろうと
「薬局間での譲渡・譲渡し」には
事前の許可が必要です。

つまり、例として
麻薬小売免許を受けている薬局で勤務中
麻薬処方箋を持った患者が来客
→在庫がないから、近くの薬局から譲ってもらいたい
→事前の許可がないとできない ということです。

選択肢 5 ですが
調剤済み麻薬の廃棄に関しては
廃棄「後」、30日以内に
届け出を提出する必要があります。
後、立会者が必要です。

事前の許可は、不要です。
※調剤されるかはわからないから
事前許可は現実的ではない、という話。

よって、選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 4 です。