問101-76 解説


問76 
長期大量投与により網膜症を生じて
薬害の原因となった医薬品はどれか。
1 つ選べ。

1 ソリブジン
2 クロロキン
3 サリドマイド
4 ペニシリン系抗生物質
5 アミノピリン


選択肢 1 ですが
ソリブジンは、代謝物による相互作用で
フルオロウラシルの血中濃度が上昇し
死者を含む
重篤な血液障害を引き起こした薬物です。

網膜症を生じた薬学の原因では、ありません。
よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 は、正しい選択肢です。
クロロキンは、抗マラリア薬でした。
抗炎症作用があり、リウマチなどにも
用いられました。
視覚障害などの副作用による
薬害の原因となった医薬品です。


選択肢 3 ですが
サリドマイドは、催眠薬でした。

強力な催奇形性により
アザラシ肢症を引き起こす
薬害の原因となった医薬品です。

網膜症を生じた薬害の原因では、ありません。
よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 ですが
ペニシリン系抗生物質の
長期投与によって
網膜症を生じた薬害というのは
知られていません。

よって、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 ですが
アミノピリンは、鎮痛、解熱作用を有し
かつてアンプル入りかぜ薬の
成分として用いられました。

アミノピリンを含む
アンプル入りのかぜ薬が原因による
重篤なショックを引き起こした薬害が
発生したことがあります。

長期投与によって
網膜症を生じた薬害というのは
知られていません。

よって、選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 2 です。