問100-314315 解説


問314-315 
肺炎球菌感染症予防のための
ワクチン(23価肺炎球菌莢膜
ポリサッカライドワクチン)の
接種にあたり

薬剤師が病院のスタッフに対して
このワクチンに関する情報を提供した。


問314(実務)
薬剤師が提供する情報として
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 高齢者にのみ接種できる。
2 不活化ワクチンである。
3 すべての肺炎に対して予防効果がある。
4 品質が変化する可能性があるので凍結させない。
5 製造番号、投与日、投与対象者
などの記録を20年間保管する。


選択肢 1 ですが
肺炎球菌ワクチンは
65歳以上の方や
COPD など慢性の持病を
持つ人の接種が推奨されています。

高齢者にのみ接種できる
ということはありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 は、正しい選択肢です。
他には、ポリオ、インフルエンザ
B型肝炎、百日ぜき などのワクチンが
不活化ワクチンです。


選択肢 3 ですが
肺炎の原因ウイルスは
肺炎球菌だけでは、ありません。
従って、すべての肺炎予防効果は
ありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 は、正しい選択肢です。

以下 補足:
不活化ワクチンの多くは
タンパク質だから凍結を避ける と
考えてもいいと思います。

ただし
日本脳炎、狂犬病、A型肝炎は
不活化ワクチンだけど、凍結可能 なので
注意が必要です。

選択肢 1,3,5 が消しやすい問題なので
あくまでも補足としての考え方です。

補足 以上


選択肢 5 ですが
記述は「特定生物由来製品」についてです。
つまり、血液製剤などについての記述です。

ちなみに
ワクチンは「生物由来製品」です。

よって、選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 2,4 です。



問315(法規・制度・倫理)
肺炎球菌ワクチンは
生物由来製品として指定されている。

生物由来製品に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 製造販売業者が、その製品等の
感染症に関する知見に基づいた評価を
定期的に報告する制度がある。

2 遺伝子組換え技術を応用して
製造される生物由来製品の添付文書には
その旨を記載しなければならない。

3 製造業者が自らその製造を
実地に管理しようとするときは
都道府県知事に届け出なければならない。

4 生物由来製品を廃棄する場合は
あらかじめ都道府県知事に
届け出なければならない。


選択肢 1,2 は、正しい選択肢です。


選択肢 3 ですが
製造業者が、自ら
製造を管理しようとする場合には

製造所ごとに
厚生労働大臣の承認を受けて
医師や細菌学的知識を有する技術者を
置かなければなりません。

都道府県知事に届け出なければ
ならないわけでは、ありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 ですが
生物由来製品の廃棄には
感染性廃棄物となるかに留意して
適切に廃棄する必要があります。

とはいえ、あらかじめの届け出は
不要です。

よって、選択肢 4 は誤りです。



以上より、正解は 1,2 です。