問101-308309 解説


問308-309 
62歳男性。

切除不能の再発直腸がんに対して
カペシタビンとオキサリプラチン
併用化学療法を開始することになった。

外来化学療法室の薬剤師は
男性には循環器内科の受診歴があり
以下の薬剤を服用中であることを確認した。

メチルジゴキシン錠0.1mg 
1回1錠(1日1回) 朝食後

ワルファリンK錠1mg 
1回2錠(1日1回) 朝食後

カンデサルタン錠4mg 
1回1錠(1日1回) 朝食後


問308(実務)
薬剤師は以下の検査データを確認した。
化学療法の開始に伴う
相互作用による重篤な副作用を回避するため
定期的にモニタリングすべき
検査データとして
特に重要なのはどれか。1 つ選べ。


1 クレアチニンキナーゼ値
2 PT-INR 値
3 血清カリウム値
4 血糖値
5 白血球数



カペシタビン(ゼローダ)には
CYP 2C9 合成系に影響することによる
酵素活性低下にもとづく
ワルファリンカリウムの作用増強が
知られています。

従って、PT - INR 値 に
特に注意する必要があります。


メチルジゴキシンが使われているから
血清カリウム値にも注意は必要です。
低 K の時、中毒を起こす恐れがあります。
「化学療法の開始に伴う
相互作用による、、、」とあるため
PT - INR が、より適切な選択肢です。


以上より、正解は 2 です。


問309(法規・制度・倫理)
カペシタビンは添付文書に
休薬期間を設けるように記載されているが
休薬期間を設けない処方がなされた。

薬剤師が疑義照会をせずに
そのまま調剤をしたた
患者に健康被害が生じた。

薬剤師が問われる可能性のある
法的責任として誤っているのはどれか。
1 つ選べ。

1 民法に基づく不法行為責任
2 刑法に基づく業務上過失傷害罪
3 薬剤師法に基づく薬剤師業務の停止
4 薬剤師法に基づく戒告
5 医療法に基づく罰金刑


調剤過誤に伴う法的責任は
大きく分けて 3 つあります。
民事責任、刑事責任、行政責任です。


民事責任とは
加害者が、被害者に損害賠償する責任です。
不法行為責任などがあります。


刑事責任とは
加害者が刑に処される責任です。

調剤過誤の場合
業務上過失致死傷罪に問われることが
あります。


行政責任とは
免許の取り消しなどの処分を受ける責任です。


選択肢 5 の医療法は
医療全体についての法律であり
「調剤過誤を行った場合の刑」 
といった規定はありません。

つまり
調剤過誤によって生じた健康被害について
医療法に基づく罰金刑としての形で
法的責任を問われる可能性は、ありません。


以上より、正解は 5 です。