問101-310311 解説


問310-311 
20代女性。
下肢のむくみによる不快感を訴え来局した。
仕事で1日中立っていることが多く
特に夕方に下肢に重みを感じている。

問310(実務)
薬剤師はこの女性からの情報をもとに
要指導医薬品である
「赤ぶどう葉乾燥エキス混合物」
製剤を販売することになった。
薬剤師の対応として
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 説明を要しない旨の申し出があったので
適正使用のための情報提供を省略した。

2 友人の分も購入したいと申し出があったので
症状を詳しく聞いたうえで販売した。

3 販売した薬剤師の
氏名、薬局名、薬局の連絡先を伝えた。

4 販売後、品名、数量、販売日時等を
書面に記録し保管した。


選択肢 1 ですが
要指導医薬品なので
適正使用のため、指導が必要です。

説明を要しない という申し出があっても
必要な情報提供は必要なので
省略はできません。

本問の医薬品は、アンチスタックスです。
妊娠の有無、血液をサラサラにする薬の
服用の有無などを確認すると共に
かぜ薬、解熱鎮痛剤は服用中避けるように
伝える必要があります。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 ですが
要指導医薬品は、本人でなければ
購入できません。

よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3,4 は、正しい選択肢です。


以上より、正解は 3,4 です。


問311(法規・制度・倫理)
要指導医薬品に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 容器等に「要指導医薬品」の
文字が記載されている。

2 薬局医薬品である。

3 需要者が選択して購入する。

4 特定販売(いわゆる
インターネット販売など)が可能である。

5 貯蔵する場所には
かぎをかけなければならない。


選択肢 1 は、正しい選択肢です。


選択肢 2 ですが
薬局医薬品とは
医薬品医療機器等法
第 4 条 の定義によれば 
「要指導医薬品 及び 一般用医薬品
以外の医薬品」 という定義です。

つまり、要指導医薬品は
薬局医薬品には、入りません。

よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 は、正しい選択肢です。


選択肢 4 ですが
要指導医薬品は、ネット販売が不可です。

よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
特に貯蔵について制限はありません。
「陳列」は、鍵のかかる設備に
行われていると思います。
しかし、それは貯蔵ではありません。)

よって、選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 1,3 です。