問101-312313 解説


問312-313 
50代男性。
いままで頭痛を感じたことはなかったが
しばらく前から違和感をおぼえ

妻が持っていた
アセトアミノフェン(300mg/1錠)を
主成分とした一般用医薬品
(第2類)を1週間前より服用している。

1回1錠、1日2回服用
症状は和らいではいるものの
いまだに軽度の頭痛を感じる。

半月後には時間も取れるので
受診するつもりだが
それまでの間、一般用医薬品で
対応したいと思
相談のため来局した。


問312(法規・制度・倫理)
図は男性が服用している
アセトアミノフェン製剤の直接の
被包(外箱)を示したものである。

図中の表示以外に
記載が法令で義務付けられているのはどれか。
2 つ選べ。
ただし、省略等の表示の特例の
適用はないものとする。

1 「第2類医薬品」の文字
2 使用上の注意
3 保管上の注意
4 製造番号又は製造記号
5 価格


これは、実際に
ドラッグストアで、医薬品を買うときを
想像するとよいと思います。

注意事項については
箱の「中」の添付文書に
いろいろと書いてあります。

また、価格については
値札として、容器ではなく
陳列棚に POP などの形で表示されます。

以上より
選択肢 2,3,5 は、誤りです。


従って、正解は 1,4 です。


問313(実務)
薬剤師の対応として
最も適切なのはどれか。1つ選べ。

1 このまま服用して
しばらく様子をみてください。

2 1日3回まで服用できるので
昼食後も服用してください。

3 安全性の高い医薬品なので
1回2錠に増量して服用してください。

4 半月後といわず
すぐに受診してください。

5 軽度の痛みなので
イブプロフェンを主成分とした
一般用医薬品に変更してください。


OTC の効果が期待されるのは
軽度偏頭痛、反復性緊張型頭痛です。

まず、生命の危機がある
二次性頭痛は除外します。
(「かつてない頭痛ではないか」
「どんどん痛く・辛くなっていないか」)

その上で注意すべきは
薬物乱用頭痛 の防止です。
これは、薬物の利用により
むしろ頭痛の頻度や程度が
悪化する症状です。

頭痛薬使用の目安とは
月 10 日以内です。

効果なく漫然と使用している患者に対しては
医師の指導のもとの治療を推奨すべきです。

本症例は、正に漫然とした使用であり
医師への受診勧告が適切な事例です。

その際、頭痛を今のうちに
適切に対処することが
将来に大きく影響することをぜひ親身に伝え
行動変容につなげたい所です。

(とはいえ
緊急を要する、というわけではなく
たとえばこれで救急車を呼ぶ、などは
やりすぎだと考えられます。)


以上より、正解は 4 です。