問101-318319 解説


問318-319 
83歳男性。
血糖コントロール不良のため
在宅訪問による服薬管理を行ってほしいと
内科医から保険薬局に依頼があった。

保険薬剤師が男性宅を訪問したと
多くの糖尿病治療薬の飲み残しがあった。
また家族からの情報で
この男性は耳鳴りを訴え
耳鼻科からの投薬を受けていることを確認した。
認知機能の低下は顕著ではない。


問318
薬剤師は、この男性の
服薬アドヒアランス低下に関わる
問題点を確認した。
それに対する薬剤師の対応のうち
誤っているのはどれか。1 つ選べ。


選択肢 1,3,4,5 は、正しい選択肢です。


選択肢 2 ですが
休肝日とは違うのだから
休薬日を設けるよう、指導しては
いけません。

恐怖心を取り除くように説明する
という部分は、適切と考えられます。

怖いと思うようになった体験や
誰かから聞いた話による勘違いなどが
あるかもしれないため、詳しく話を
聞き出しつつ、行動改善につながるように
指導できるとよいと思われます。


正解は 2 です。



問319(法規・制度・倫理)
この男性は、介護保険の給付を
受けるために申請をすることになった。
介護保険制度に関する説明のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 75歳以上の人は
自己負担金が免除されます。

2 要介護状態区分は
介護認定審査会が判定します。

3 要介護状態は
要介護1と2の2つに区分されています。

4 要介護認定を受けた場合
訪問による薬剤管理指導に係る給付は
医療保険が優先されます。

5 介護支援専門員は
サービス計画書(ケアプラン)の
作成などを行います。


選択肢 1 ですが
自己負担が所得に応じて、1割や2割
かかります。
75 歳以上は免除では、ありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 は、正しい選択肢です。
介護認定審査会とは
市町村に設置された機関です。
5名程度の合議体で、複数設置も可能です。

かかりつけ医の意見を基に
要介護認定を行います。


選択肢 3 ですが
「要介護状態」は、区分1~区分5に
分類されます。1,2だけでは、ありません。
数字が大きいほど、介護が必要という区分です。

よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 ですが
要介護認定を受けた場合
介護保険優先の原則から
介護保険が優先されます。

よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は、正しい選択肢です。


以上より、正解は 2,5 です。