問101-322323 解説


問322-323 
保険薬局の管理薬剤師が
新人の薬剤師に保険調剤
について指導を行った。

問322(実務)
管理薬剤師が説明する内容として
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 調剤を行う場合は
患者の服薬状況
及び薬剤服用歴を確認しなければならない。

2 調剤を行った場合は
その翌月末までに
当該調剤に関する必要な事項を
調剤録に記載しなければならない。

3 調剤済みとなった麻薬処方箋の
保管期間は、5年間である。

4 後発医薬品に変更可能な
処方箋を調剤するときは
患者に対して後発医薬品に関する
説明を適切に行わなければならない。



選択肢 1 は、正しい選択肢です。



選択肢 2 ですが
薬担規則第10条によれば
「翌月末」まで、ではなく
「遅滞なく」です。

「遅滞なく」は
具体的な日数が決まっているわけでは
ありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 ですが
薬剤師法第 27 条より
処方せんの保管期間は 「3」 年です。
「5年間」では、ありません。

よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、正しい選択肢です。



以上より、正解は 1,4 です。



問323(法規・制度・倫理)
保険調剤は
「保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則」
に基づくものである。
の規則の根拠となっている法律はどれか。
1 つ選べ。

1 介護保険法
2 医療法
3 健康保険法
4 薬剤師法
5 医薬品医療機器等法



薬担規則と略される 本問の規則は
規則第 1 条によれば
「健康保険法の規定に基づき・・・
保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則を
次のように定める
とあります。

従って、この規則の根拠は
健康保険法です。

この条文を思い出すことができなかったとしても
「薬局 及び 薬剤師」の規則なのだから
介護保険だけの話では、カバーしきれない。
薬剤師法だけでは、カバーしきれない。
医療機器の話ではない。

ということで、選択肢1,4,5 は誤りと
考えられます。

さらに「保険」という
キーワードが繰り返し出ていることから
「医療」という漠然としたものよりも
「健康保険」という名前がつく法律の方が
適切であると推測できるのではないでしょうか。


以上より、正解は 3 です。