問101-324325 解説


問324-325 
25歳男性。19時に来局した。
男性は
「本日、夕方から咳こみがひどく
おなかの調子も良くない。
熱はないのでかぜの初期症状だと思う。
明日から始まる国体に選手として参加するのだが
夜間診療している医療機関に行く時間がない。
薬局で買えるかぜ薬と胃薬で早く対処したい。」
と訴えた。

問324(実務)
以下の成分を含む一般用医薬品のうち
ドーピング禁止物質※を
含まないのはどれか。2つ選べ。
(※ 世界アンチ・ドーピング機構が定める
禁止表に記載されている物質)



◯◯エフェドリンや、麻黄に注意が必要です。
興奮作用があるからです。
メトキシフェナミン、トリメトキノールもだめです。
β 2 刺激が、筋力増強を期待できてしまうためです。

生薬だと
ホミカエキス(ストリキニーネ含む)
カイクジン、ジャコウなどが注意です。

ステロイドやナファゾリンは
局所なら大丈夫です。

ちなみに、尿中濃度でドーピング判定するから
尿量が多いと、濃度を下げることができます。
そのため、利尿剤の使用は禁止されている点も
注意する必要があります。

以上をふまえ、各選択肢を検討します。


選択肢 1 ですが
「食べ過ぎ、飲み過ぎに」みたいなフレーズで
販売されている胃腸薬の一種です。
ホミカエキスが入っているので
禁止物質を含みます。


選択肢 2 ですが
「喘鳴を伴うせきに」みたいなフレーズで
販売されている咳止めの一種です。
メトキシフェナミンが入っているので
禁止物質を含みます。


選択肢 3 は
「つらいせきに」みたいなフレーズで
販売されている咳止めの一種です。
コデインやカフェインが、大丈夫なのか・・・?
と感じるかもしれませんが
この薬には、禁止物質は含まれません。



選択肢 4 ですが
「かぜで、のどがつらいあなた」みたいなフレーズで
販売されている総合かぜ薬の一種です。
◯◯エフェドリンが入っているので
禁止物質を含みます。



選択肢 5 は
胃のけいれんなどに用いられる
鎮痙薬の一種です。
禁止物質は、含まれません。

つい、抗コリン薬だから
「禁忌」を連想するかもしれませんが
ブチルスコポラミンや
喘息治療などに用いる
抗コリン薬などは
禁止物質には含まれていません。


従って、正解は 3,5 です。


問325(法規・制度・倫理)
この男性に対する薬剤師の説明として
適切なのはどれか。2 つ選べ。

1 漢方製剤であれば
どの製品でも使用できます。

2 健康食品・サプリメントの使用にも
注意が必要です。

3 かぜ薬と胃薬であれば
今晩使用した分は、明日の朝までに
体外に排出されます。

4 ドーピング禁止物質は
新しく追加されたり
変更されることがあります。


選択肢 1 ですが
麻黄など、禁止されている生薬成分があるので
「漢方ならば、OK」では、ありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 は、正しい選択肢です。
サプリメントに
蛋白同化薬が含まれていた例など
があり、注意が必要です。



選択肢 3 ですが
ドーピング検査をパスできるレベルまで
体内の薬物を排出するには
1週間程度、また、それ以上の期間
かかることもあります。

今晩使用して、明日には大丈夫とは
いえません。

よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、正しい選択肢です。
最新の情報に注意が必要です。



以上より、正解は 2,4 です。