化学 (理論)


問101  
次の反応のうち、主生成物の構造式を
正しく示しているのはどれか。
2 つ選べ。


問101 解説へ



問102
次の E2 反応に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 カルボカチオン中間体を
経由する。

2 脱離するHとBrとが
シン(シンペリプラナー)の関係となる
立体配座から進行する。

3 反応速度は、化合物Aの濃度及び
エトキシドイオンの濃度の両者に比例する。

4 出発物質として化合物Aの
エナンチオマーを用いると
化合物Bの幾何異性体
主生成物として得られる。

5 化合物Bは
Saytzeff(ザイツェフ、セイチェフ)則に従った
生成物である。




問103
芳香族化合物A~Eの
求電子置換反応によるモノブロモ化に関する
記述のうち、正しいのはどれか。1 つ選べ。


1 Aは主に3位で反応する。
2 Bは主に2位又は4位で反応する。
3 Cは主に3位で反応する。
4 Dは主に2位で反応する。
5 Eは主に1位で反応する。





問104
化合物AとBの反応では
中間体Cを経由して化合物Dを与える。
中間体Cの構造式として
正しいのはどれか。1つ選べ。






問105
以下の Gabriel 法による合成で
得られるアミノ酸Aはどれか。1 つ選べ。


1 バリン
2 アラニン
3 トレオニン
4 アスパラギン酸
5 グルタミン酸





問106
プロドラッグAに関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。
1 プリン環をもつ。

2 確認試験では
希塩酸中亜鉛粉末で還元し
芳香族第一アミン
(芳香族第一級アミン)の
定性反応を利用できる。

3 生体内でエステラーゼによって
加水分解されて薬効を示す。

4 生体内において、aの位置で
切断されて薬効を示す。

5 代謝された後、主に
シトシンリボヌクレオチドの
生合成を阻害する。





問107
ヒスタミンH1 受容体拮抗薬である
レボセチリジン塩酸塩に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。


1 薬物名中のレボは
左旋性に由来する。

2 血液脳関門を通過しやすくするため
カルボキシ基が導入されている。

3 エーテル結合の酸素原子は
水素結合のドナー(供与体)として
ヒスタミンH1 受容体との結合親和性を高める。

4 セチリジンのラセミックスイッチ
(キラルスイッチ)により開発された
光学活性体である。





問108
図1は、メラトニンの 1H-NMR スペクトル
(400MHz、DMSO-d6、基準物質はTMS)である。

なお、ア及びエのシグナルは一重線であり
ケ及びコのシグナルはそれぞれ
NH 基のプロトンに由来する。

また、拡大図A及びBの拡大率は
それぞれ異なる。


次の記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 アのシグナルは、aのプロトンに由来する。
2 イのシグナルの積分値は、オのシグナルの積分値と等しい。
3 インドール環6位のプロトンのシグナルは、オである。
4 メラトニンの不飽和度は7である。
5 メラトニンの整数質量は奇数である。





問109 
バイカレインに関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。



1 イソフラボノイドの一種である。

2 バイカレインは、全ての炭素骨格が
酢酸・マロン酸経路で生合成される。

3 バイカレインの炭素原子aは
マロニルCoA 由来である。

4 バイカリン(baicalein-7-O-D-glucuronide)は
バイカレインのヒドロキシ基bに
糖が結合した配糖体である。

5 メタノールに溶かしたバイカレインに
リボン状マグネシウムと濃塩酸を加える
呈色する。





問110 
生薬に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 トウニンは、エビスグサの
種子由来の生薬で
駆瘀血薬として用いられる。

2 ニンジンは、オタネニンジンの
根由来の生薬で
補気薬として用いられる。

3 トウキは、トウキ又は
ホッカイトウキの根由来の生薬で
理気薬として用いられる。

4 ブクリョウは、マツホドの
菌核由来の生薬で
利水薬として用いられる。

5 チンピは、ウンシュウミカンの
成熟した果皮由来の生薬で
補血薬として用いられる。