理論 物理





問91
下図は、ある純物質のエントロピーの温度依存性を示したグラフである。
純物質の状態に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 物質の温度 T が 0 < T < T1 の領域では、気体の状態にある。
2 物質の温度 T が T1 < T < T2 の領域では、固体の状態にある。
3 温度ゼロにおけるエントロピー(S0)は、物質によっては負になる場合がある。
4 ΔST2の大部分は、気化エンタルピーの変化量に由来する。
5 物質によらず、ΔS1・T1<ΔST2 の関係が成り立つ。







問92 
分子の分極の度合いは、(電気)双極子モーメント μ として
下式のように定量的に表すことができる。
μ=Q・r

Q は電荷、r は電荷間の距離を表す。
0.1nm 離れた電子 1 個分の電荷 +e,-e の
双極子モーメントは
電荷が 1.6 × 10-19 (C)であることから
1.6 × 10-29 (C・m)となる。

ヨウ化水素 HI の双極子モーメントを求めたところ
1.4 × 10-30 (C・m)であった。

H-I 結合距離を 0.16 nm としたとき
HI のイオン性は何%程度と見積もることができるか。
最も近い値(%)を1つ選べ。

ただし、H-I 間で
電子 1 個分の電荷(+e,-e)が
それぞれの原子上に分離しているとき
HI は 100% イオン性を示すものとする。

1 1
2 5 
3 10
4 20
5 40





問93
ある物質 A と、A が重合してできた合成高分子 PA がある。
以下の記述の1、2の組合せとして正しいのはどれか。1つ選べ。

A 10g 及び PA 10g を、それぞれ 1L の水に完全に溶解させた。
A 水溶液は PA 水溶液より浸透圧が (1)。

次に、水のみを通す半透膜で隔てられた容器の左側に A 水溶液をいれ
右側には液面が同じ高さになるように PA 水溶液をいれた。

十分な時間が経過した後、観察したところ (2)。


1 低い A水溶液の液面が高くなった
2 低い PA水溶液の液面が高くなった
3 低い 左右の液面は同じ高さのままであった
4 高い A水溶液の液面が高くなった
5 高い PA水溶液の液面が高くなった
6 高い 左右の液面は同じ高さのままであった





問94
水溶液中の
イオン間相互作用に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 強電解質のモル伝導率は
濃度に比例して増加する。

2 難溶解性塩である
 AgCl の溶解度は、
NaNO3 の添加による
イオン強度の増大とともに増大する。

3 高濃度の強電解質溶液における
イオンの平均活量係数は
1より大きくなることがある。

4 水中における電解質のイオン間相互作用は
アルコールなどを添加して
溶媒の誘電率が低下すると減少する。

5 アルカリ金属における極限モル伝導率は
K+<Na+<Li+ の順に大きくなっている。





問95
光の性質に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 光の屈折率は、光が進む媒体の
誘電率と光の波長に依存し
長波長の光は短波長の光よりも
屈折率が大きい。

2 物質の粒子径が入射光の波長に比べて
非常に小さい場合
入射光と同じ振動数の光を散乱する現象を
レイリー散乱とよぶ。

3 入射光により物質が励起される場合
散乱光の振動数が入射光の振動数と
異なる現象をラマン散乱とよぶ。

4 ラマン散乱が起こった場合
散乱光の振動数は必ず小さくなる。





問96
L-リシンは
2つのアミノ基と1つのカルボキシル基をもち
水溶液の pH により 
4 つの化学種が存在する。

図に示した L-リシンの化学種が
最も多く存在する pH に最も近い値はどれか。
1つ選べ。

ただし、L-リシンの 3 つの pKa はそれぞれ
pKa1 = 2.2、pKa2 = 9.0、pKa3 = 10.5 とする。


1 2.2
2 5.6
3 9.0
4 9.7
5 10.5





問97
日本薬局方一般試験法の定性反応とその対象物の組合せとして
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 過マンガン酸塩
本品の硫酸酸性溶液に過量の過酸化水素試液を加えるとき
泡立って脱色する。

2 塩化物
本品の溶液に硝酸銀試液を加えるとき、黄色の沈殿を生じる。
沈殿を分取し、この一部に希硝酸を、また、他の一部に
過量のアンモニア試液を追加してもいずれも沈殿は溶けない。

3 チオ硫酸塩
本品に硫酸及びメタノールを混ぜて点火するとき
緑色の炎をあげて燃える。

4 炭酸塩 
本品の冷溶液にフェノールフタレイン試液1滴を加えるとき
液は赤色を呈しないか、又は赤色を呈しても極めてうすい。

5 リン酸塩
本品の希硝酸酸性溶液に七モリブデン酸六アンモニウム試液を
加えて加温するとき、黄色の沈殿を生じ、水酸化ナトリウム試液又は
アンモニア試液を追加するとき、沈殿は溶ける。





問98
次の記述は日本薬局方イオタラム酸の定量法に関するものである。

「本品を乾燥し、その約 0.4 g を精密に量り、けん化フラスコに入れ
水酸化ナトリウム試液 40 mL に溶かし、亜鉛粉末 1f を加え、還流冷却器を付けて
30 分間煮沸し、冷後、ろ過する。
フラスコ及びろ紙を水 50 mL で洗い、洗液は先のろ液に合わせる。

この液に酢酸(100)5mL を加え、0.1mol/L 硝酸銀液で滴定する。
(指示薬:テトラブロモフェノールフタレインエチルエステル試液 1mL)
ただし、滴定の終点は沈殿の黄色が緑色に変わるときとする。」

本品 0.4500 g をとり、上記の定量法に従って
0.1 mol/L 硝酸銀液(f=1.000) で滴定したところ
18.00 mL を消費した。このときイオタラム酸の含量 % に
最も近い数値を 1つ選べ。


1 75.0
2 81.9
3 88.8
4 95.5
5 99.5




問99
蛍光光度法に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 蛍光分光光度計の光源には
通例、タングステンランプが用いられ
試料部は四面透明の石英製セルが用いられる。

2 励起スペクトルは、蛍光波長を固定し
励起光の波長を変化させて
試料溶液の蛍光強度を測定
することにより得られる。

3 蛍光強度は溶液の濃度が十分に小さいとき
モル吸光係数に反比例する。

4 蛍光強度は相対値であり
測定に用いる装置の励起光強度により
強度が異なる。

5 蛍光を消光させる作用のある物質を
一般にスカベンジャーとよぶ。




問100
陽イオン交換クロマトグラフィーによる
アミノ酸の分析に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 陽イオン交換基としては
スルホ基や、カルボキシ基などが用いられる。

2 アルギニン、グルタミン酸、グリシンの
分離を行ったとき
アルギニンが最初に溶出される。

3 移動相のイオン強度を低下させることで
保持された物質を溶出させることができる。

4 移動相の pH を上昇させることで
保持された物質を溶出させることができる。

5 溶出されたアミノ酸は
ニンヒドリン試薬を用いた
ポストカラム誘導体化法により
蛍光検出される。