101-111~101-120 解説一覧


問111
下図に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。



1 A は、肝静脈である。

2 直腸下部からの静脈血の大部分は
B を経て肝臓へ流入する。

3 C は、交感神経系の興奮により弛緩し
副交感神経系の興奮により収縮する。

4 D に存在するランゲルハンス島は
外分泌腺であり
その周辺には内分泌腺が散在する。

5 E には、 C 及び D からの
分泌液の排出を調節する
オッディ(oddi) 括約筋がある


選択肢 1 ですが
A は、肝動脈です。
肝静脈は、図には表記されていません。

肝臓上部に太く描かれるものを
見たことがあるかもしれません。

ちなみに
全くわからなくても
「肝静脈とは
静脈だから心臓へ血液が行く血管。
→肝臓で合成されたものを
全身へ送るための血管
→やけに細く描かれているけど
太くないとだめじゃないかな・・・?」

と考えて、あやしい選択肢であると
思えるとよいのではないでしょうか。


選択肢 2 ですが
B は門脈です。
小腸で取り込まれた栄養を
肝臓へ運ぶ血管です。

直腸ではなく、小腸であれば
正しい記述です。

また、B が門脈とわからなくても
以下のように考えることができます。

直腸とは、肛門直前の腸の部分です。
坐剤を用いることで
直腸下部から吸収させて
初回通過効果を避けることができます。

この選択肢の記述が正しいとすると
直腸下部から吸収させても
大部分が肝臓へ送られてしまい
初回通過効果を避けることができません。

よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 は、正しい選択肢です。
C は胆のうです。

ごはんを食べると
まったり、消化モードになります。
消化モードの時、胆のうは収縮して
胆汁を分泌すると考えられます。

そして、消化モードの時は
副交感神経優位です。


選択肢 4 ですが
ランゲルハンス島は
ホルモンを分泌する、内分泌腺です。
外分泌腺では、ありません。

よって、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 は、正しい選択肢です。
ちなみに
D は膵臓
E は十二指腸乳頭部です。
乳頭部では、総胆管と膵管が合流します。


以上より、正解は 3,5 です。



問112
下図はヒトの排卵周期を示している。
以下の記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
ただし、男性においてホルモン A は精巣での
テストステロン合成を促進する。



1 排卵周期の約14日における
ホルモン A の大量分泌が排卵を引き起こす。

2 ホルモン B は黄体細胞に作用して
その細胞増殖を促進する。

3 ホルモン A の大量分泌に
先だったホルモン C の血中濃度の増加は
視床下部からの 性腺刺激ホルモン放出ホルモンの
分泌を抑制する。

4 排卵周期 14 日以降では
ホルモン D が子宮内膜からの
粘液の分泌を促進する。

5 ホルモン C の血中濃度の増加は
排卵周期 14 日以降の
基礎体温の上昇を引き起こす。


排卵については
前提として、卵巣という「現場」と
視床下部や下垂体がいる「会議室」という
2つのステージがあることをイメージすると
わかりやすいと思います。


そして、排卵に関連するホルモンも
大雑把に2つにまず分けるとイメージしやすいです。

1つめのグループは
「ボスである視床下部から
下垂体への指令」 により
下垂体から出される、二種類の
FSH(卵胞刺激ホルモン) 及び
LH(黄体化ホルモン) というホルモン です。

2つめのグループは
現場である「卵巣」から出される
二種類の
エストロゲンと、プロゲステロン というホルモン
です。


ちなみに、そもそも
「排卵を引き起こすホルモン」は、といえば
それは、「LH ホルモン」です。
LH サージと呼ばれる
LH ホルモンの急上昇が
排卵の引き金です。


エストロゲンとプロゲステロンは
大雑把にいうと
排卵という「イベント」を真ん中とした時
「前半」担当ホルモン=エストロゲン
「後半」担当ホルモン=プロゲステロンです。

エストロゲン急上昇
(排卵のための準備)
→排卵
→プロゲステロン(黄体ホルモン)急上昇
(排卵後の後処理。
ちなみに、この時期 基礎体温 上昇。)
という流れになります。


以上をふまえて
各選択肢の検討を行います。



選択肢 1 は、正しい選択肢です。
混乱しやすいポイントなのですが
第一段階の
「視床下部による指令を受けて
下垂体が放出する FSH、LH」は
卵胞や黄体のない、男性でも放出されています。

対象臓器は睾丸です。
FSH → 精子形成促進
LH → 男性ホルモン合成促進 です。
従って、A の方が、LH です。

この知識がなくても
急上昇している方が、LH と判断できるとよいです。

そして、LH の大量分泌 が
排卵を引き起こします。


選択肢 2 ですが
ホルモン B は、FSH です。
「卵胞」に作用します。
「黄体」に作用では、ありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 ですが
ホルモン C は
「前半」担当ホルモンです。

「前半」担当ホルモン急上昇
→準備OK!LH急上昇していいよ!
→了解です。じゃあ出して~。by 視床下部。
(この指令が、性腺刺激ホルモン放出ホルモン

という流れなので
抑制ではなく、促進です。


選択肢 4 は、正しい選択肢です。
「後半」担当のホルモン D が放出されることで
粘液分泌促進などの変化が促されます。


選択肢 5 ですが
基礎体温上昇を引き起こすのは
「後半」担当の、ホルモン D
つまり、プロゲステロンです。

よって、選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 1,4 です。




問113 
酵素反応に関する説明を読んで以下の問に答えよ。

酵素の速度論的特性を解析するため
ミカエリス・メンテン(Michaelis-Menten)式
より導かれる下記の
ラインウィーバー・バーグ(Lineweaver-Burk)式
から図1が作成され汎用されている。



ある酵素 X は基質 S に作用し
2種類の阻害剤 Y と Z によって阻害される。

一定濃度の阻害剤 
Y 又は Z の存在下 及び 
非存在下で

酵素 X の基質 S に対する
反応初速度 v を測定し、図 2 を得た。
以下の記述のうち
正しい考察はどれか。2つ選べ。



1 阻害剤 Y は、基質 S と結合して
酵素 X の反応初速度 v を変化させる。

2 基質 S の濃度 [S] を
十分に増加させたときの最大速度 Vmax は
阻害剤 Y の有無に関わらず等しくなる。

3 阻害剤 Z は、基質 S が結合する
酵素 X の部位(基質結合部位)に結合する。

4 基質 S の濃度 [S] を
十分に増加させたときの最大速度 Vmax は
阻害剤 Z が存在しても変化しない。 

5 阻害剤 Z が存在しても
酵素 X の基質 S に対する
見かけの親和性は変化しない。


ラインウィーバープロットにおいて
拮抗阻害の場合
y 切片が変わらず、傾きが立ち上がります。

一方、非競合の場合
x 切片が変わらず、傾きが立ち上がります。

よって
阻害剤 Y は、拮抗阻害
阻害剤 Z は、非拮抗阻害 であることがわかります。



これをふまえて、各選択肢を
検討します。


選択肢 1 ですが
阻害剤 Y は、拮抗阻害剤です。

つまり
Y は、「基質」と結合するのではなく
酵素の、基質と結合する活性部位に
結合します。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 は、正しい選択肢です。
拮抗阻害なので
基質 S が十分大きければ
阻害剤があっても、阻害剤なしの時と
同様の最大速度を示します。



選択肢 3 ですが
非拮抗阻害なので、基質が結合する場所とは
別の場所に結合して阻害します。

よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 ですが
非拮抗阻害なので
基質 S が十分大きくても
阻害剤なしの時より
最大速度は、落ちます。

よって、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 は、正しい選択肢です。
見かけの親和性とは Km のことです。
x 切片が -1/Km を表すので
変化がないとわかります。 



以上より、正解は 2,5 です。




問114
下図は、ペントースリン酸回路
(一部)の概略を示している。

これに関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。
なお、P はリン酸基を表す。



1 1の反応では、ニコチンアミド
アデニンジヌクレオチドの酸化型
(NAD^+)から還元型(NADH)が
生成される。

2 2の反応では
二酸化炭素(CO2)が生じる。

3 代謝中間体 X を生成する 3 の反応において、
ADP から ATP が生成される。

4 4の反応で生成する代謝中間体 Y は
核酸合成に利用される。

5 1~4の反応は
主にミトコンドリアのマトリックスで行われる。


選択肢 1 ですが
解糖系と、ペントースリン酸回路の
大きな違いの一つが

解糖系は
NAD+ → NADH で

ペントースリン酸回路は
NADP+ → NADPH という点です。

NAD+ を、NADP+ に
NADH を、NADPH にした記述が正しいです。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 は、正しい選択肢です。
炭素が 1 つ減っている点からも
推測できます。


選択肢 3 ですが
ペントースリン酸回路では
ATP の生成はありません。

選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 は、正しい選択肢です。
Y は、リボース 5 リン酸です。


選択肢 5 ですが
ペントースリン酸回路は
細胞質内で進行します。
ミトコンドリアでは、ありません。


以上より、正解は 2,4 です。




問115 
以下は、コレステロール量の
調節に関する説明文である。
これに関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。


ヒト体内のコレステロールは
食事によって補給されるとともに
体内でも生合成される。

また、細胞内のコレステロール値は
一定量に保とうとする仕組みによって
厳密に調節されている。

なお、3-ヒドロキシ-3-メチル
グルタリルCoA還元酵素
(HMG-CoA reductase)は
コレステロール生合成反応の
律速酵素である。


1 コレステロールや
その生合成中間体であるメバロン酸は
HMG-CoA reductase の
活性を抑制する。

2 コレステロールは
HMG-CoA reductase の分解を
抑制する。

3 細胞内のコレステロール量が減少すると
HMG-CoA reductase の転写を
正に調節する転写因子が活性化される。

4 細胞内のコレステロール量が減少すると
コレステロールの細胞内取込みに関わる
低密度リポタンパク質
(low-density lipoprotein:LDL)受容体の 
mRNA 量が減少する。


選択肢 1 は、正しい選択肢です。
コレステロールやメバロン酸があれば
そんなに作らなくてもよい、という方向に
調節されると考えられます。

従って
HMG - CoA reductase の活性が
抑制されます。


選択肢 2 ですが
コレステロールがあれば
そんなに作らなくてもよい、という方向に
調節されると考えられます。

ところが
HMG - CoA reductase の
分解が抑制されると
合成が抑制されないということにります。

従って、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 は、正しい選択肢です。
コレステロールが減少すると
たくさん作る方向に調節されると
考えられます。

転写が正に調節される、ということは
mRNA が多く作られる ということです。

mRNA が多く作られれば
タンパク質(HMG-CoA reductase)も
多く作られます。

つまり、コレステロール合成方向に
調節されます。


選択肢 4 ですが
細胞内のコレステロール値は
厳密に一定量に調節される、という記述から

細胞内のコレステロール量が減少すると
細胞内への取り込みを促進する方向に
調節されると考えられます。

すると、LDL 受容体の量が
多くなる方向に調節されるはずです。

しかし
mRNA 量が減少すると、LDL 受容体の量が
減少してしまいます。

従って、選択肢 4 は誤りです。



以上より、正解は 1,3 です。




問116 
下図は真核細胞における
二本鎖 DNA の複製過程を
模式的に表したものである。


二方向に複製が進行する際に
不連続な DNA 鎖(岡崎フラグメント)の
形成を介して複製されている部分の
組合せとして正しいのはどれか。1つ選べ。


1 アとイ
2 アとウ
3 イとウ
4 イとエ
5 ウとエ


岡崎フラグメントの形成を介して
複製されるのは、DNA 複製が 
3' → 5'」に進行する部分です。


複製開始点から見て
アは、鋳型(外側のDNA)が 5' → 3' です。
DNA 複製は 3' → 5' に進行します。

イは、鋳型(外側のDNA)が 3' → 5' です。
DNA 複製は  5' → 3' に進行します。


ウは、鋳型(外側のDNA)が 5' → 3' です。
DNA 複製は 3' → 5' に進行します。

エは、鋳型(外側のDNA)が 3' → 5' です。
DNA 複製は  5' → 3' に進行します。


以上より
岡崎フラグメントの形成を介して
複製されるのは、アとウです。


従って、正解は 2 です。




問117
ヒト細胞における既知遺伝子の発現を
PCR (polymerase chain reaction) 法により
検出するために以下の実験を行った。

実験方法と考察に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

【実験】 
ヒト細胞から抽出した RNA を用いて
逆転写反応により
相補的 DNA(cDNA) を合成した。

この cDNA を鋳型として
既知遺伝子の部分的塩基配列を
増幅する特異的なセンスプライマー及び
アンチセンスプライマーを用いて
定法に従い 24,26,29 及び 33 サイクルでの
PCR 法を行った。

得られた増幅 DNA 断片を 
DNA 検出試薬を含む
アガロースゲル電気泳動法にて分離し
図のような結果(レーン 1 ~ 4)を得た。

なお、レーン番号の順序は
サイクル数の順序とは一致しない。

また、各サイクルの DNA 増幅率は
ほぼ 100% であり
上記サイクル数の間では
 DNA は指数関数的に増幅された。



1 PCR とは
DNA の熱変性→プライマーのアニーリング
→DNA 鎖の合成・伸長からなる3段階反応を
同一の温度下において繰り返すことで
目的 DNA を増幅する反応である。

2 本実験で行った逆転写反応では
mRNA の 5'末端に相補的な配列をもつ
プライマーを用いた。

3 レーン1~4のDNA断片のうち
レーン1は26サイクルのDNA断片と考えられる。

4 図の結果より、増幅されたDNA断片は
正の電荷を帯びていると考察できる。

5 図中のレーン2とレーン3では
両者のDNAは理論上約16倍異なると考えられる。


選択肢 1 ですが
PCR 実験を思い出すとよいと思います。

95→55→72 ℃ と温度が変わっていって
それぞれの温度で
一本鎖になって、プライマーくっついて、複製して
という役割があります。
「同一の温度下で」という部分が誤りです。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 ですが
DNA 合成は、5' → 3' 方向にしかできません。

んで、核酸が 2 本鎖の時は
5' ------- 3'
3' ------- 5'  という位置関係です。

鋳型である RNA が
5' ------- 3' として存在するなら

3' 末端側にプライマーをつけて
5' ------- 3'
    3'-- 5' 

とすると
5' → 3' 方向というのが左方向となるので
うまく DNA 合成が進行します。

 「5' 末端」に相補的な配列では
ないと考えられます。

よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 は、正しい選択肢です。
明るさ、太さに注目することで
レーン 4 → 24 サイクル
レーン 1 → 26 サイクル
レーン 3 → 29 サイクル
レーン 2 → 33 サイクル と判断できます。



選択肢 4 ですが
泳動方向が、-から+なので
「DNAは、+に引かれていった」
→「DNA は、負電荷を帯びている」と
判断できます。

よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は、正しい選択肢です。
レーン 2 と 3 は、4サイクル違うので
24 で、16 倍増幅している
と考えられます。



以上より、正解は 3,5 です。




問118
抗体 A 及び酵素標識抗体 B を
用いる酵素免疫測定法
(ELISA、enzyme-linked 
immunosorbent assay)による

生体由来タンパク質 X の
定量キットの説明書に
以下のような測定原理を表す模式図があった。

この図に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。



1 1において、プレートに固定化した抗体 A は
測定対象となるタンパク質 X と共有結合を形成する。

2 2で加えるタンパク質 X は
あらかじめ精製しておかなければ測定できない。

3 3において、抗体 A と抗体 B は
タンパク質 X の異なる部位に結合する。

4 3において、プレートの内面に
抗体 B が結合するのを防ぐ必要がある。

5 4において、標識酵素による反応生成物の量は
タンパク質 X の量とは反比例の関係にある。



選択肢 1 ですが
抗体と抗原の結合は
水素結合や静電気力、ファンデルワールス力
などによるものです。
共有結合は、しません。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 ですが
抗原と特異的に結合する 抗体 A を
手順1で準備しているのは
試料が精製されていなくても
目標タンパク質のみと
特異的に反応させるためです。

ELISA 法は、採血した血液のような
未精製の試料から、目的物質を検出できます。

よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3,4 は、正しい選択肢です。
抗体 A と B の結合部位が違わないと
抗体 B が結合できません。

また、プレート内面に
抗体 B がくっついてしまうと
抗体 B には、標識がついているので
試料の実際の値よりも
高い値が検出されてしまいます。



選択肢 5 ですが
X に比例して、標識付きの抗体 B が
いっぱいくっつくはずなので
標識酵素による反応生成物も
比例して多くなると考えられます。

よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 3,4 です。




問119 補体に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 補体は主として
感染時に抗原刺激をうけた 
B 細胞により産生される。

2 補体は
その遺伝子が再構成されて
多様な抗原結合特異性を獲得する。

3 補体成分の分解生成物の中には
血管透過性を亢進させるものがある。

4 病原体の表面に結合した C3b は
食細胞による取り込みを促進する。

5 補体系の活性化は
病原体表面に結合した抗体が
補体成分を加水分解することにより始まる。


選択肢1,2 は
抗体に関する記述です。

抗体は
獲得免疫に属するタンパク質です。
B 細胞により産生されます。

遺伝子再構成という仕組みにより
多様な抗原に対する特異性を獲得します。


補体は
自然免疫に属する
抗体や貪食細胞を補助する
タンパク質の総称です。

よって、選択肢 1,2 は誤りです。


選択肢 3,4 は
正しい選択肢です。


選択肢 5 ですが
補体系の活性化は
いくつかの経路がありますが

結局のところ、どれも
「C3転換酵素による
C3成分の加水分解」
で活性化します。

抗体が加水分解するわけでは
ありません。

よって、選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 3,4 です。




問120 
Ⅰ型アレルギーに関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 Ⅰ型アレルギーの原因となる IgE は
主としてヘルパー T 細胞により産生される。

2 Ⅰ型アレルギーでは、ヒスタミンが 
B 細胞の顆粒から放出される。

3 アレルゲンに対して産生された IgE は
肥満細胞上の特異的受容体と結合する。

4 ウルシによる接触性皮膚炎は
Ⅰ型アレルギーに分類される。

5 花粉、ダニ、ハウスダストなどが
抗原となって IgE が産生され感作された
状態では、同じ抗原が再度侵入した時に
Ⅰ型アレルギーの症状があらわれる。



選択肢 1 ですが
IgE は、主として B 細胞から分化した
形質細胞により産生されます。
ヘルパー T 細胞では、ありません。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 ですが
ヒスタミンを放出する顆粒というのは
マスト細胞(肥満細胞)内の顆粒です。
B 細胞内の顆粒では、ありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 は、正しい選択肢です。


選択肢 4 ですが
ウルシは、接触後
2日後ぐらいして、かぶれてきます。
遅延型アレルギー
(Ⅳ型アレルギー)の一種です。

Ⅰ型アレルギー
(即時型アレルギー)ではありません。

よって、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 は、正しい選択肢です。



以上より、正解は 3,5 です。