問101-115 解説


問115 
以下は、コレステロール量の
調節に関する説明文である。
これに関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。


ヒト体内のコレステロールは
食事によって補給されるとともに
体内でも生合成される。

また、細胞内のコレステロール値は
一定量に保とうとする仕組みによって
厳密に調節されている。

なお、3-ヒドロキシ-3-メチル
グルタリルCoA還元酵素
(HMG-CoA reductase)は
コレステロール生合成反応の
律速酵素である。


1 コレステロールや
その生合成中間体であるメバロン酸は
HMG-CoA reductase の
活性を抑制する。

2 コレステロールは
HMG-CoA reductase の分解を
抑制する。

3 細胞内のコレステロール量が減少すると
HMG-CoA reductase の転写を
正に調節する転写因子が活性化される。

4 細胞内のコレステロール量が減少すると
コレステロールの細胞内取込みに関わる
低密度リポタンパク質
(low-density lipoprotein:LDL)受容体の 
mRNA 量が減少する。


選択肢 1 は、正しい選択肢です。
コレステロールやメバロン酸があれば
そんなに作らなくてもよい、という方向に
調節されると考えられます。

従って
HMG - CoA reductase の活性が
抑制されます。


選択肢 2 ですが
コレステロールがあれば
そんなに作らなくてもよい、という方向に
調節されると考えられます。

ところが
HMG - CoA reductase の
分解が抑制されると
合成が抑制されないということにります。

従って、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 は、正しい選択肢です。
コレステロールが減少すると
たくさん作る方向に調節されると
考えられます。

転写が正に調節される、ということは
mRNA が多く作られる ということです。

mRNA が多く作られれば
タンパク質(HMG-CoA reductase)も
多く作られます。

つまり、コレステロール合成方向に
調節されます。


選択肢 4 ですが
細胞内のコレステロール値は
厳密に一定量に調節される、という記述から

細胞内のコレステロール量が減少すると
細胞内への取り込みを促進する方向に
調節されると考えられます。

すると、LDL 受容体の量が
多くなる方向に調節されるはずです。

しかし
mRNA 量が減少すると、LDL 受容体の量が
減少してしまいます。

従って、選択肢 4 は誤りです。



以上より、正解は 1,3 です。