問101-118 解説


問118
抗体 A 及び酵素標識抗体 B を
用いる酵素免疫測定法
(ELISA、enzyme-linked 
immunosorbent assay)による

生体由来タンパク質 X の
定量キットの説明書に
以下のような測定原理を表す模式図があった。

この図に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。



1 1において、プレートに固定化した抗体 A は
測定対象となるタンパク質 X と共有結合を形成する。

2 2で加えるタンパク質 X は
あらかじめ精製しておかなければ測定できない。

3 3において、抗体 A と抗体 B は
タンパク質 X の異なる部位に結合する。

4 3において、プレートの内面に
抗体 B が結合するのを防ぐ必要がある。

5 4において、標識酵素による反応生成物の量は
タンパク質 X の量とは反比例の関係にある。



選択肢 1 ですが
抗体と抗原の結合は
水素結合や静電気力、ファンデルワールス力
などによるものです。
共有結合は、しません。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 ですが
抗原と特異的に結合する 抗体 A を
手順1で準備しているのは
試料が精製されていなくても
目標タンパク質のみと
特異的に反応させるためです。

ELISA 法は、採血した血液のような
未精製の試料から、目的物質を検出できます。

よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3,4 は、正しい選択肢です。
抗体 A と B の結合部位が違わないと
抗体 B が結合できません。

また、プレート内面に
抗体 B がくっついてしまうと
抗体 B には、標識がついているので
試料の実際の値よりも
高い値が検出されてしまいます。



選択肢 5 ですが
X に比例して、標識付きの抗体 B が
いっぱいくっつくはずなので
標識酵素による反応生成物も
比例して多くなると考えられます。

よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 3,4 です。