問101-119 解説



問119 補体に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 補体は主として
感染時に抗原刺激をうけた 
B 細胞により産生される。

2 補体は
その遺伝子が再構成されて
多様な抗原結合特異性を獲得する。

3 補体成分の分解生成物の中には
血管透過性を亢進させるものがある。

4 病原体の表面に結合した C3b は
食細胞による取り込みを促進する。

5 補体系の活性化は
病原体表面に結合した抗体が
補体成分を加水分解することにより始まる。


選択肢1,2 は
抗体に関する記述です。

抗体は
獲得免疫に属するタンパク質です。
B 細胞により産生されます。

遺伝子再構成という仕組みにより
多様な抗原に対する特異性を獲得します。


補体は
自然免疫に属する
抗体や貪食細胞を補助する
タンパク質の総称です。

よって、選択肢 1,2 は誤りです。


選択肢 3,4 は
正しい選択肢です。


選択肢 5 ですが
補体系の活性化は
いくつかの経路がありますが

結局のところ、どれも
「C3転換酵素による
C3成分の加水分解」
で活性化します。

抗体が加水分解するわけでは
ありません。

よって、選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 3,4 です。