問101-328 解説


問328 
5歳女児。
欠神発作(てんかん小発作)と診断され
保険薬局へ処方箋を持参した。

処方量A mg と秤取量B g の組合せで
最も適切なのはどれか。つ選べ。
なお、エトスクシミドの原薬量は
成人量として1日450mg である。
児への投与量は下記の式で計算せよ。


(処方)
エトスクシミド散50% 
1回A mg (1日(A×2)mg)【原薬量】
1日2回朝夕食後7日分

実秤取量(7日分) 
エトスクシミド散50% B g

    A    B
1  90  1.3
2  90  2.5
3 180 2.5
4 180 5.0
5 360 5.0
6 360 10.0


年齢が 5 歳なので、与えられた式を用いて
0.4 × 成人量が、小児量です。

原薬量が、成人量なら、450mg とあるので
原薬量が、小児量なら、180mg です。
これは 1 日量なので、1 回量は、90mg です。

7日分なので
180 × 7 = 1260 mg です。

50 % 製剤なので、実際に量り取るのは
この 2 倍となります。
つまり、2520 mg ≒ 2.5 g です。


以上より
A が 90、 B が 2.5 です。
正解は 2 です。