問101-330 解説


問330 
薬局において薬剤師の判断で
行ってよい調剤行為はどれか。2 つ選べ。

1 水剤の調剤において
服用しやすくするために賦形剤を添加した。

2 処方箋に使用期限の指定はなかったが
交付年月日から3日目だったので調剤した。

3 処方箋中の錠剤を
同一銘柄の散剤に変更した。

4 処方箋中の医薬品名が
略語で記載されていたため
薬歴を参考にして調剤した。

5 処方箋中に疑義内容があったが
他の患者で照会済の内容であったので
そのまま調剤した。


選択肢 1,2 は、正しい選択肢です。
賦形剤の添加は問題ありません。
水剤なので、精製水や、単シロップを
加えた ということです。

処方箋の有効期限は
交付の日を含めて
特別の記載がなければ 4 日です。
従って、問題ありません。


選択肢 3 ですが
錠剤→散剤 は、剤形変更です。

剤形変更については
1:ジェネリック医薬品への
変更でない場合は、疑義照会が必要です。

2:ジェネリック医薬品への変更であれば
「類似する別剤形」であれば
疑義照会は必要ありません。

錠剤と散剤は、剤形のグループが別なので
「類似する剤形」ではなく、やはり原則として
変更はできません。

しかし、粉砕指示がある錠剤については
散剤への変更が認められています。

以上より
問題文からは判断できず
正解とはいえません。

参考)剤形変更についてのまとめ
http://www.nichiiko.co.jp/stu-ge/phplib/s_getdoc_mpi.php?member=&filepath=431GEhenkou-rule(2016).pdf


選択肢 4,5 ですが
処方箋に、疑わしき内容があった場合は
照会できるまで、調剤してはいけません。
(薬剤師法 24 条)

よって、略語が判別できなかったり
疑義内容があったのであれば
明らかにしてから調剤しなければいけません。

よって、選択肢 4,5 は誤りです。



以上より、正解は 1,2 です。