問101-334 解説


問334 
麻薬の取扱いに関する以下の記述のうち
行わなければならない行為はどれか。つ選べ。

1 麻薬譲受証及び麻薬譲渡証をもって譲受し
検収時にロット番号を確認する。

2 麻薬帳簿とともに、鍵をかけた
堅固な金庫内に保管する。

3 麻薬処方箋に、麻薬施用者の
記名押印又は署名、免許証の番号が
記載されていることを確認する。

4 使用済みの貼付剤は
すべて回収し、記録後に廃棄する。



選択肢 1 は、正しい選択肢です。
実習での検収を思い出すとよいと思います。


選択肢 2 ですが
麻薬「帳簿」は
鍵をかけた堅固な金庫内に
保管する必要はありません。

よって、選択肢 2 は誤りです。


ちなみに
麻薬→鍵付きの、「堅固」な「設備」
覚せい剤→鍵付きの、「堅固」な「場所」
覚せい剤原料→鍵付きの「場所」 となります。


選択肢 3 は、正しい選択肢です。
「免許証の番号の確認」が
特徴的で、意識しておくポイントです。


選択肢 4 ですが
患者が使用した後の使用済み製剤
(貼付途中で剥がれたものを含む。)は

粘着面を内側に二つ折りにして
貼り合わせた後
通常の医薬品と同様に廃棄してください。とあります。
すべて回収するわけでは、ありません。

知識として知らなくても
実習時、患者さんの使用済み
デュロテップパッチなどを
回収していたかどうかなどを考えると
誤りと判断できるのではないかと思います。

よって、選択肢 2 は誤りです。



以上より、
正解は 1,3 です。