問101-338 解説


問338 
54歳男性。
腎細胞がん治療の内服薬導入のため入院し
1週間で退院することとなった。
退院時に手足症候群への対応を含む
以下の処方箋が交付され
近所の薬局に持参した。

(処方1)
ソラフェニブトシル酸塩錠200mg 1回2錠(1日4錠)
1日2回朝夕食後14日分

(処方2)
白色ワセリン100g
1回適量1日4回手、足に塗布

この患者への服薬指導として
適切でないのはどれか。2 つ選べ。

1 熱い風呂は、控えましょう。

2 直射日光に当たらないようにしましょう。

3 手足に痛みが現れたら
薬の使用を中止してください。

4 白色ワセリンは副作用の
予防になるので毎日使いましょう。

5 足に密着した
きつめの靴下を履きましょう。


手足症候群とは
抗がん剤の作用による
手足の皮膚障害です。
しびれ、ピリピリした痛みとして
自覚されます。

対策としては
保湿、及び刺激除去となります。

以上をふまえ、各選択肢を検討します。


選択肢 1,2 は、適切です。
熱い風呂や、直射日光を避ける というのは
刺激除去として適切です。


選択肢 3 ですが
副作用をできるだけ緩和し
用量を調節しつつ
抗がん剤使用を継続します。

手足に痛みがでたからといって
服薬を独断で中止してはいけません。

よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 は、正しい選択肢です。
保湿のために、毎日の使用が推奨されます。


選択肢 5 ですが
刺激除去という観点から考えれば
ゆったりした靴下が望ましいです。

よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 3,5 です。