問101-339 解説


問339 
病院における医薬品採用に関する記述として
最も適切なのはどれか。1 つ選べ。

1 医療用医薬品製品情報概要が
医薬品の情報源として最も重視される。

2 新しい作用機序をもつ医薬品は
医師の申請通りに採用する。

3 後発医薬品は主成分が同じなので
購入価格のみを考慮して採用を決定する。

4 薬事委員会などを設置し
採否について審議する。

5 新規医薬品採用時の安全性評価において
海外の臨床試験データは参考にしない。



選択肢 1 ですが
「医療用医薬品製品情報概要」とは
メーカーさんが作成する
添付文書を補完する
パンフレット等のことです。

これを、最も重視する、というのが
適切な記述であるとは、考えられません。

よって、選択肢 1 は誤りです。


選択肢 2 ですが
新しい作用機序について
様々な観点から情報を集めた上で
既存医薬品との比較も含めて
判断する必要があると考えられます。

「医師の申請通りに」採用する
というのが適切な記述であるとは
考えられません。

よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 ですが
後発医薬品は、主成分が同じでも
剤形の違いなど、様々な相違点があります。
「購入価格のみ」を考慮する
というのが適切な記述であるとは
考えられません。

よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、適切な選択肢です。


選択肢 5 ですが
海外の臨床試験データは
貴重な情報源の一つといえます。
「参考にしない」
というのが適切な記述であるとは
考えられません。

よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 4 です。