問101-345 解説


問345 
52歳男性。
身長170cm。血液検査の結果
血清ナトリウム濃度が147mEq/Lであり
高張性脱水と診断され
輸液により水分を補給することになった。

この男性の水分欠乏量を
血清ナトリウム濃度から算出した場合
最も近い値はどれか。1つ選べ。

ただし、この男性の
健常時の体重は70kg
血清ナトリウム濃度の目標値を140mEq/L
体水分量を体重の60%とする。

1 1.0L
2 1.5L
3 2.0L
4 2.5L
5 3.0L


健常時であれば
70kg の 60 % 
= 42 kg 
= 42L が体内の水分です。
※ 水 1 L が、1kg は、知識です。

mEq/L というのは
mmol/L と考えればOKです。


42 L で、140mEq/L が、普通で
水が減って、147mEq/L となった。
ということになります。

つまり
濃度が 5 % 増えています。

すると、水分が大体 5 % 減った 
と考えればよいです。

42 L の 5 % は、2.1 L なので
一番近い選択肢は 3 です。


以上より、正解は 3 です。





問326~問345 解説一覧へ